芸能

ズルすぎない?GACKTが腕相撲勝負で“圧勝”した手口に総ツッコミ

 芸能界ケンカ最強の呼び声も高く、また常にトレーニングを怠らないGACKTが、腕相撲勝負の模様をインスタグラムにアップし、評判となっている。ただ、GACKTがすごいというのではなく、微妙な反応になっている。

 問題の動画は10月22日にインスタグラムで公開したもの。GACKTのコメントによると、友人の家で食事をごちそうになったそうだ。わざわざシェフの人を呼び、料理してもらったという。シェフのみごとな筋肉にGACKTも目を奪われたのだろう、腕相撲をすることになったようだ。

 結果はGACKTの圧勝。だが、これを見た人たちからGACKTに対して「ちょっとズルいんじゃないか?」「真っ向勝負してほしかったな」とツッコミが入っている。

「まず、GACKTの友人に雇われたシェフが、彼に勝つわけないだろうというのです。そんな空気を読まないマネをするわけないと。さらに決定的なのは腕を組んだ時の立ち位置。GACKTは体重をかけられる位置をキープしているのに、相手のシェフはできない場所を取らされている。彼はそれを優位に使い、体重をかけて勝っているんですよ。これは公平な戦いとは言えません」(芸能ライター)

 さらにGACKTは勝負の前に靴下を脱いで足元を固める小技も炸裂させている。

「手首にはめたブレスレットのジュエリーでシェフを痛めつけるというズルい技も使いました。勝負の後、シェフの男性がそのアトを見せて告発しています。笑いながら指摘しているので、それが敗因ということではないでしょうが、GACKTがいろいろ仕掛けてきたのは確かです」(前出・芸能ライター)

 次回があるなら正々堂々と勝負してほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由