社会

「魚の小骨はご飯で除去」「水虫に緑茶」…オヤジが信じる応急処置の“ウソ”

 気の利いた焼き魚定食が食べられる店を職場の近所に見つけた日には、積年の悩み「昼メシがパッとしない問題」に終止符を打てるというもの。

 ところで、「魚の小骨が喉に刺さった時、ご飯を飲み込んで対処する」という民間療法を実践し、無事に解決したという人はいるのだろうか?

 ご飯に巻き込まれて運良く骨が流されることがあるかも知れないが…。

「逆にご飯粒で骨が押し込まれる可能性もあります。何も口に入れずにツバを飲み込む動作を何度かするか、あるいはプリンのような柔らかいものを飲み込んでみるほうがいいでしょう」(救急救命医)

 発祥不明だったり、表層的なイメージによって生まれる「意味のない民間療法」はまだまだある。

「やけどにアロエの汁を塗る」というのも非常に危険だとか。

「確かにアロエには皮膚にいい薬用成分が入っているとされていますが、軽いやけどではなく、水ぶくれができていたり、皮膚がめくれてしまっているような中~重度のやけどにはやめてください。細菌の感染リスクがあります。そのような時はまず流水で十分に冷やし、消毒液を塗るのに限ります」(前出・救急救命医)

 また「味噌を塗る」「油を塗る」という民間療法もあるが、同じく細菌感染のもとになるので止めておこう。

 職場で嫌われるオヤジ行動のひとつに「歯をシーシー」させるというものがあるが、これも歯痛をごまかしている所作ゆえ。それでも痛みが増してきた時のために「正露丸を虫歯に詰める」という荒業がある。何せ、正露丸の「効用欄」に「虫歯」とあるのだから間違いない。

「これは、空気やツバが虫歯によって表出してしまった神経に当たる部分にフタをするという処置法。正露丸には鎮痛鎮静作用や根幹の消毒用として使用されている成分があるうえ、実は柔らかくてある程度形を成形できることから。しかし、あくまで応急的な処置で治療ではないので、歯科の治療を受けるように。また、氷を噛んで冷やすことで一時的に痛みを和らげる方法でも代用できます」(医療ジャーナリスト)

 歯のシーシーだけですでに嫌われているのに、さらに口臭が正露丸となれば職場の鼻つまみ者に。さらに、足が臭いとなれば「嫌われ役満」が完成してしまう。そう、「水虫ができたら緑茶で洗う」というのも効果がないので注意なのだ。

「緑茶には殺菌効果があると言われていますが、水虫=白癬菌に効果があると証明されていません。お茶っぱで湯出しした桶に足を漬けるとすれば、それだけ患部を湿度に晒すことになるので、治療には逆効果。とにかく通気性を良くして清潔にしましょう。靴下も履き替えたりと工夫すれば、他人に迷惑をかける可能性も低くなります」(前出・医療ジャーナリスト)

 昔からもっともらしく言い伝えられてきた応急処置も、医学的に見れば「根拠ナシ」というものがほとんど。かくもオヤジは病院嫌いではあるが、不調をきたしたら医師に相談するのが無難なようだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
2
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
3
綾瀬はるか主演の新ドラマに囁かれる「まるで艶系動画」の“匂い”!
4
渦中の若妻が衝撃告白!“紀州のドン・ファン”は「機能しなくなっていた」
5
「半分、青い。」で永野芽郁から佐藤健を奪った古畑星夏の“顔面変化”に騒然!