エンタメ

あの名曲「カントリー・ロード」が最新2映画の挿入歌で連続復活するワケ

 団塊の世代にとっては青春のひとコマを彩っただろう懐かしい名曲「カントリー・ロード」が、11月15日公開のイギリス映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」と11月18日公開のアメリカ映画「ローガン・ラッキー」の挿入歌として立て続けに復活する。

 1971年にジョン・デンバーによって発表されたこの曲は、ウエストバージニア州の美しい風景に思いを馳せる郷愁を歌い、全米で大ヒット。元の曲名は「故郷に帰りたい」で、73年にオリビア・ニュートン・ジョンによってカバーされ、イギリスでも大ヒットとなった。日本でも70年代に「カントリー・ロード」の名で親しまれ、95年のジブリ映画「耳をすませば」では主題歌になっている。長年、愛され続けてきたフォーク&カントリーミュージックだが、では今、なぜ映画に多用されているのだろうか。

「実は2014年にこの歌はウエストバージニア州の4つ目の州歌に認定されて新たに注目を浴びました。世界に通用する曲であり、かつ世代を超えて愛唱されてきたことも、かつて大ヒットした英米の両国で作られた最新映画での起用に至った理由と考えられます。『キングスマン:ゴールデン・サークル』では、前作『キングスマン』からの名物キャラクター、マーリンの愛唱歌が『カントリー・ロード』であることが明かされ、クライマックスで彼がこの曲を歌う場面は、作品の大きな見どころになっています。一方のスティーブン・ソダーバーグ監督の娯楽作『ローガン・ラッキー』では、主人公ジミーと別れて暮らす幼い娘のセイディを結ぶ父娘の絆の歌として登場します。セイディが美少女コンテストで、この歌を父に捧げて歌い上げるシーンは実に感動的です」(映画ライター)

 国や時代を超えて愛されるスタンダード・ナンバーが州歌に制定されたことでも再注目され劇中挿入歌に採用されたという2つの最新映画。名曲の感動を再確認し、余韻に包まれてみてはいかがだろうか。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!