芸能

のん、アカペラCMは酷評でも最新CDを大物が支援するロックな理由!

 テレビなどへの出演は減ったままの能年玲奈改め「のん」だが、11月22日に初CDをリリースすることが決まった。

 今度のCDは高野寛作詞作曲の「スーパーヒーローになりたい」を始め、のん作詞作曲による1曲。それから以前EPレコードなどに収録されたサディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにお願い」とRCサクセション「I LIKE YOU」のカバー曲の、計4曲を収録している。

「これまでも鈴木慶一さんや仲井戸麗市さんなど、多くのミュージシャンが彼女をバックアップしてきました。彼女にはミュージシャンとしても、それだけの魅力があるんだと思います」(音楽ライター)

 のんといえば以前、アカペラでキリンジの曲を歌うCMがあったが、その時は「音痴すぎ」「歌わない方がいい」など、ネットでの評価はさんざんだった。が、別の音楽誌のライターはこれらの酷評について、こう反論する。

「それは彼女が上手に歌おうとしていないからです。きれいに上手に聞こえるようにしようすれば、今の技術を用いると誰だってそれなりに聞こえるものです。あのCMでのんさんは、演出に従ってわざとぶっきらぼうに歌ったんです。『タイムマシンにお願い』だって決して上手なわけじゃない。でも、のんさんがやっているのはロックなんです。彼女にはロックに必要なフィーリングがあり、声量があり、ボーカリストにふさわしい雰囲気があります。特徴のある声は伸びやかで、時にはソウルも感じさせます」

 すでに大手通販サイトなどでは予約を受け付けている初CD。これを機に、活躍の場が広がることを期待したい。

(笠松和美)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?