芸能

中村吉右衛門「文化功労者」選出で「鬼平」待望論が再燃!次の主役は誰?

 本年度の文化功労者に、人間国宝である中村吉右衛門が決定したことをきっかけに、昨年末に惜しまれつつ終了した時代劇「鬼平犯科帳」(フジテレビ系)の復活を望む声が再燃している。

 中村吉右衛門主演の「鬼平犯科帳」シリーズは複数の民放局で28年にわたって放送された長寿番組。出演者が高齢化した数年前から、ネット上ではファンが次の長谷川平蔵役を妄想して盛り上がっていた。挙がった名前は、市川猿之助や市川中車(香川照之)、中村橋之助、片岡愛之助といった歌舞伎界の面々のほか、渡辺謙や村上弘明など俳優陣。中には松平健や北大路欣也など時代劇の顔とされる大御所も含まれていた。しかし、ファンにとっては吉右衛門の印象があまりに強く、誰が演じても彼を超えられないのではないかという声が多数を占めたようだ。

 あらためて“次の鬼平”役者をドラマ制作の現場に聞いてみると、今まで挙がっていない意外な人物の名前が登場した。

「テレビの『鬼平犯科帳』の初代鬼平は吉右衛門の実父の松本白鸚(八代目松本幸四郎)、3代目が従兄弟の萬屋錦之介でした。一門からは数多くの役者が出演し、同門ならではの呼吸の妙が味わい深さを醸し出していました。そう考えると、市川染五郎が適任ではないでしょうか。吉右衛門が初めて鬼平を演じたのは45歳の時で、鬼平本人が役職に就いたのも45歳とされています。染五郎は現在44歳で、年齢的にも相応しいと思いますよ」

 鬼平の復活を待ちつつ、あれこれと出演者の顔ぶれを想像してみるのも楽しいかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故