政治

総選挙終了で…小池百合子の「安倍しゃぶり」大作戦(4)自公の股裂き状態が拡大する

 安倍総理と小池氏の関係に話を戻せば、今回の選挙戦では、小池氏が「外交・安全保障では(自民党と)違いはない」と秋波を送れば、安倍総理が「基本的な理念は(小池氏と)同じだろう」と応じてみせる一幕もあった。永田町で「ひょっとすると、安倍さんと小池さんはツルんでいるのではないか」との憶測が流れたゆえんだが、有権者にとっての小池氏はあくまでも「安倍一強政治を終わらせる!」との旗印を掲げて登場した鉄の女である。

 安倍総理とともに描いた極秘シナリオが思惑通りに進んで、改憲をめざす保守糾合のためのプラットフォームは作り上げたものの、小池氏は有権者にどうオトシマエをつけるつもりなのか。この点について、大物政治記者は、

「小池氏はあらゆる選挙結果を想定して、総選挙後の政局をシミュレーションしてきた。そして、全てのケースに共通する小池氏の最終目標は、極秘裡に手を結んできた安倍総理をしゃぶり尽くすことで、次の総選挙までに初の女性総理への条件を整えることだ」

 と明かした上で、次のように指摘するのだ。

「まず、安倍一強打倒を掲げてきた以上、巷間言われているような安倍政権との連立など、小池氏の頭にはハナから存在していない。ならばなぜ、安倍総理と秘かに手を組んできたのか。そこが小池氏の空恐ろしいところで、今後は自分を『闇の同志』と信じ込んでいる安倍総理をあの手この手で使い倒していくハラだよ」

 どういうことなのか。具体的に解説してもらおう。

「小池氏は今後始まる国会審議で森友・加計問題や大義なき解散問題などで安倍政権に揺さぶりをかける一方、憲法改正問題では是々非々の姿勢で安倍政権に助け舟を出しては恩を売っていく。その際、都知事兼希望の党代表である小池氏の兵隊を務めるのは、希望の党の公認を得た民進党の議員の中でも弁の立つスター議員。『安倍一強打倒はやはり健在』ということで、国政での希望の党の存在感を次第に高めていく中、それでも安倍総理は『よしよし、うまくやっているな』と、小池氏を疑うことはないだろう」

 もちろん、小池氏自身も二の矢を放っていく。希望の党関係者が声を潜めて明かす。

「小池さんが都知事という、総理に次ぐ強大な権限をチラつかせて都議会公明党を取り込んでいけば、それだけ、国政と都政での自公の股裂き状態は拡大していく。そんな中、消費増税凍結や原発ゼロなどの対立点を巡って必ずチャンスはやって来ると、小池氏は踏んでいる。しかも安倍総理は、難病の潰瘍性大腸炎という健康問題も抱えている。いずれにせよ、安倍政権が次の解散に踏み切った時、小池さんは初の女性総理の座を真正面に見据えた、乾坤一擲の大勝負に打って出るはずだよ」

 加えて、来年の夏には参院選も行われる。希望の党がここで一定の議席を確保すれば、小池氏は一段と力を溜め込んでいくことになるのだ。ユリコ主演の緑のたぬき劇場は、これからが本番なのである。

森 省歩(ジャーナリスト)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由