芸能

ピース綾部「カジノPR動画」で米デビューも“ウリ”がない惨状!

 去る10月11日に再渡米を果たしたお笑いコンビ・ピースの綾部祐二が、念願の“初仕事”をゲットした。仕事内容は、アメリカで幅広くカジノホテルチェーンを展開している「シーザーズ・エンターテインメント」の総合型リゾートを紹介するPR動画。その中で綾部は、ラスベガスのシーザーズ・パレスでグラマラスな金髪美女との撮影に臨み、「ラスベガスでの米国デビューは、幸先がいいと思っています」とコメントした。

「『シーザーズ・エンターテインメント』は、ラスベガスやリノ、アトランティックシティにホテルを構え、米国各地でカジノを幅広く運営している大手企業です。綾部も初渡米の時には、ビザの関係でなかなか仕事の営業まで手が回らなかったものの、今回、このような企業の仕事をゲットできたのは、幸運だったのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 一時は「行く行く詐欺」などと一部マスコミでヤユされたが、これでやっと夢の実現に向って一歩を踏み出したわけか。だが、肝心の英語力は、あまり進歩がみられないようだ。

「渡辺直美がアメリカに留学した時は、語学力不足を補って余りあるダンスパフォーマンスがありました。ですが、綾部にはそういった“武器”が見当たりません」(放送作家)

 さらに、綾部の“甘さ”を、指摘する声もある。

「昨年12月にバラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)に主演した際、綾部は『ブラッド・ピットとかにツッコみたい』とアピール。するとゲストでハーバード大学出身のタレント・パックンに『ツッコミの技術は日本でしか使えない。アメリカにツッコミはない』と言われ、愕然としていました。英語力もさることながら、アメリカのお笑い界の知識も乏しすぎますね」(前出・放送作家)

 そこで早くも、こんな噂がささやかれ始めている。

「アメリカでは、トランプ大統領が就任してからというもの、外国人は、簡単に働くこともままならない。ただ、吉本興業は中国、韓国、台湾などのアジア圏以外に、ロサンゼルスでもコンテンツビジネスを展開しています。いったんそこに籍を置いて、戦略を練り直してみてはどうかと言う声もあります」(女性誌記者)

“急がば回れ”なのかもしれないが、貯金が底をつかないうちに、現実的な判断をしたほうがよさそうな気もするが…。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”