芸能

ピース綾部「カジノPR動画」で米デビューも“ウリ”がない惨状!

 去る10月11日に再渡米を果たしたお笑いコンビ・ピースの綾部祐二が、念願の“初仕事”をゲットした。仕事内容は、アメリカで幅広くカジノホテルチェーンを展開している「シーザーズ・エンターテインメント」の総合型リゾートを紹介するPR動画。その中で綾部は、ラスベガスのシーザーズ・パレスでグラマラスな金髪美女との撮影に臨み、「ラスベガスでの米国デビューは、幸先がいいと思っています」とコメントした。

「『シーザーズ・エンターテインメント』は、ラスベガスやリノ、アトランティックシティにホテルを構え、米国各地でカジノを幅広く運営している大手企業です。綾部も初渡米の時には、ビザの関係でなかなか仕事の営業まで手が回らなかったものの、今回、このような企業の仕事をゲットできたのは、幸運だったのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 一時は「行く行く詐欺」などと一部マスコミでヤユされたが、これでやっと夢の実現に向って一歩を踏み出したわけか。だが、肝心の英語力は、あまり進歩がみられないようだ。

「渡辺直美がアメリカに留学した時は、語学力不足を補って余りあるダンスパフォーマンスがありました。ですが、綾部にはそういった“武器”が見当たりません」(放送作家)

 さらに、綾部の“甘さ”を、指摘する声もある。

「昨年12月にバラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)に主演した際、綾部は『ブラッド・ピットとかにツッコみたい』とアピール。するとゲストでハーバード大学出身のタレント・パックンに『ツッコミの技術は日本でしか使えない。アメリカにツッコミはない』と言われ、愕然としていました。英語力もさることながら、アメリカのお笑い界の知識も乏しすぎますね」(前出・放送作家)

 そこで早くも、こんな噂がささやかれ始めている。

「アメリカでは、トランプ大統領が就任してからというもの、外国人は、簡単に働くこともままならない。ただ、吉本興業は中国、韓国、台湾などのアジア圏以外に、ロサンゼルスでもコンテンツビジネスを展開しています。いったんそこに籍を置いて、戦略を練り直してみてはどうかと言う声もあります」(女性誌記者)

“急がば回れ”なのかもしれないが、貯金が底をつかないうちに、現実的な判断をしたほうがよさそうな気もするが…。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
3
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗