スポーツ

九州場所 四横綱が抱える「禁秘バクダン」(2)稀勢の里にまた休場の危機

 19年ぶりの日本人横綱として期待された稀勢の里(31)は、春場所こそケガを押して連続優勝を成し遂げたものの、その後は2場所連続で途中休場し、先場所は全休場となった。

「ファンは今度出る時は優勝しないと満足しないでしょう。少なくとも、15日間務められる体に戻ったことを見せないと納得しない。稽古では休場明けの高安を三番稽古で圧倒していましたが、稽古と本場所は違いますからね」(相撲ジャーナリスト・中澤潔氏)

 ここにきて、先の春場所で傷めた左上腕部の「再悪化」も漏れ伝わってきた。

「巡業の前半こそ仕上がりのよさが伝わってきましたが、後半はちゃんとした稽古ができていない。四股やスクワットなど相撲を取らない稽古ばかり。左上腕の状態がよほどよくないのでしょうか、上半身の不安を下半身の強化でカバーしようという考えなのかもしれませんが、この状態だと、場所前に休場を発表する可能性もゼロではありません」(相撲関係者)

 東京・中野で「ごっつハンド」を経営する元小結の三杉里は、

「横綱は優勝争いに絡む成績を残すことが宿命。勝負をかけるのは来年1月の初場所にすべきです」

 と言ってはばからない。

 それでも強行出場が濃厚な稀勢の里にとって、鍵となるのが新小結・阿武咲(21)との一番だという。

 阿武咲は新入幕となった五月場所以来、3場所連続で10勝5敗という好成績を残している。

「ちょっと気が早いかもしれませんが、4場所連続で2桁勝利をあげれば、大関も見えてきます」(相撲担当記者)

 満身創痍の横綱と上り調子の新小結。両者には浅からぬ因縁があった。

「部屋が比較的近いこともあって、稀勢の里は阿武松部屋へ頻繁に出稽古に出かけていました。恐らく横綱として、阿武咲に格の違いを見せつけ、恐怖心を植え付ける目的もあったはず。2人でよく三番稽古をしていましたが、阿武咲も負けっぱなしではない。懐に入って一気に持っていく電車道も見られました」(前出・相撲担当記者)

 九州場所での初対戦は見逃せない大一番になりそうだ。

「阿武咲は稀勢の里への尊敬や憧れを口にしていますが、いざ土俵に上がれば相手が横綱だろうと、ケガなどおかまいなしに攻める相撲に徹するはずです。稀勢の里としては、バクダンを抱える左腕をおっつけられ、絞り上げられれば、厳しい展開になるでしょう」(前出・相撲関係者)

 出場危機説も流れる中、今度こそ日本人横綱の意地を見せられるか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)