スポーツ

九州場所 四横綱が抱える「禁秘バクダン」(2)稀勢の里にまた休場の危機

 19年ぶりの日本人横綱として期待された稀勢の里(31)は、春場所こそケガを押して連続優勝を成し遂げたものの、その後は2場所連続で途中休場し、先場所は全休場となった。

「ファンは今度出る時は優勝しないと満足しないでしょう。少なくとも、15日間務められる体に戻ったことを見せないと納得しない。稽古では休場明けの高安を三番稽古で圧倒していましたが、稽古と本場所は違いますからね」(相撲ジャーナリスト・中澤潔氏)

 ここにきて、先の春場所で傷めた左上腕部の「再悪化」も漏れ伝わってきた。

「巡業の前半こそ仕上がりのよさが伝わってきましたが、後半はちゃんとした稽古ができていない。四股やスクワットなど相撲を取らない稽古ばかり。左上腕の状態がよほどよくないのでしょうか、上半身の不安を下半身の強化でカバーしようという考えなのかもしれませんが、この状態だと、場所前に休場を発表する可能性もゼロではありません」(相撲関係者)

 東京・中野で「ごっつハンド」を経営する元小結の三杉里は、

「横綱は優勝争いに絡む成績を残すことが宿命。勝負をかけるのは来年1月の初場所にすべきです」

 と言ってはばからない。

 それでも強行出場が濃厚な稀勢の里にとって、鍵となるのが新小結・阿武咲(21)との一番だという。

 阿武咲は新入幕となった五月場所以来、3場所連続で10勝5敗という好成績を残している。

「ちょっと気が早いかもしれませんが、4場所連続で2桁勝利をあげれば、大関も見えてきます」(相撲担当記者)

 満身創痍の横綱と上り調子の新小結。両者には浅からぬ因縁があった。

「部屋が比較的近いこともあって、稀勢の里は阿武松部屋へ頻繁に出稽古に出かけていました。恐らく横綱として、阿武咲に格の違いを見せつけ、恐怖心を植え付ける目的もあったはず。2人でよく三番稽古をしていましたが、阿武咲も負けっぱなしではない。懐に入って一気に持っていく電車道も見られました」(前出・相撲担当記者)

 九州場所での初対戦は見逃せない大一番になりそうだ。

「阿武咲は稀勢の里への尊敬や憧れを口にしていますが、いざ土俵に上がれば相手が横綱だろうと、ケガなどおかまいなしに攻める相撲に徹するはずです。稀勢の里としては、バクダンを抱える左腕をおっつけられ、絞り上げられれば、厳しい展開になるでしょう」(前出・相撲関係者)

 出場危機説も流れる中、今度こそ日本人横綱の意地を見せられるか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!