芸能

広瀬すず「大ヒット記念イベント」で天使に扮するも主演映画はコケていた!

 広瀬すずと生田斗真がダブル主演する映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」の大ヒット御礼イベントが11月8日に開催され、主演の二人がプレゼントを交換。生田は広瀬の頭に白い花冠を乗せ、白のワンピースとマッチした広瀬の姿に思わず「完全なる天使、可愛い!」との感想を漏らしていた。

 ワンピースの裾をつまんで広げてみせた広瀬の姿は、たしかに「天使」認定されてもおかしくない美しさ。濃い目の顔つきもむしろ天使らしさを強調する効果を生んでおり、ファンからも絶賛されていたが、残念ながら主演作の成績については天から祝福されたとは言い難かったようだ。

「10月30日発表の全国週末興行成績(興行通信社)によると同作品は初登場5位。翌週には8位に落ち込み、公開済み作品の『ミックス。』や『斉木楠雄のΨ難』を2週続けて下回った形です。しかも『先生!~』は公開館数が336館と両作品よりも多く、ハリウッド映画の『ブレードランナー 2049』(同335館)すら上回っているのですから、劇場あたりの観客数はさらに少ないことになります」(映画ライター)

 この負けっぷりについては「生田斗真じゃ女子中高生を呼び込めない」とか、「女子受けの悪い広瀬すずを起用したのが失敗」といった評価も伝わってくる。ともあれ今回の成績が、広瀬の今後に暗い影を落とす可能性もあるというのだ。

「『斉木楠雄のΨ難』には橋本環奈が出演しており、広瀬は彼女の後塵を拝する結果となりました。特に橋本は前作の『銀魂』が興行収入30億円を突破し、ヒットに恵まれている女優というイメージも生まれそうな雰囲気。16年3月公開の主演作『セーラー服と機関銃 -卒業-』が爆死したイヤな思い出も払拭できそうです。それに対して広瀬は『ちはやふる 上の句』と『チア☆ダン』が最高4位、そして今回が5位と主演作がいまいちで、映画出演が多い割には成績が伴わないというイメージを持たれかねない状況ですね」(前出・映画ライター)

 主演作が続く広瀬と、あくまで一キャストとして出演している橋本では役の重みが異なるものの、外野は数字で評価しがち。この調子では映画女優として「橋本環奈>広瀬すず」というイメージが定着してしまうのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」