芸能

城下尊之が禁断暴露 芸能人89人「こうして生き残った」(2)食べ物と誠実さで危機回避

 全てが順調にいっている時でもいつ、どんなトラブルが降りかかるか誰にもわからない。慌てず、冷静に危機回避する能力。それこそが長きにわたり活躍するために必要な資質だ。

 渡哲也、舘ひろし、神田正輝を擁する「石原プロモーション」。泣く子も黙る石原軍団には、取っておきの秘策があるという。

「僕らが石原プロの現場へ取材に行くと、必ずスッと食べ物が出てくるんです。『腹減ってるだろう? とりあえず食ってくれよ』というわけです」

 人間、腹が減っていると気が立ってくるし、落ち着かないものだ。そんな人間の相手をしても、ロクなことにはならない。これは、どんな時にでも使える最も簡単な危機回避術だろう。

「震災時などで石原プロが被災地で炊き出しを行うことが恒例になっていますが、実はあれ、何もないロケ地でいつでも温かいものが食べられるようにと、始めたサービスがもとになっているんです。寒い時期のこと、あるスタッフが『こんな時は石焼き芋なんかをかじりながら仕事をしたいね』とつぶやいたら、なんと翌日に石焼き芋カーが現場に来たらしいんです」

 誰もが石焼き芋屋を手配したのかと思ったが、驚いたことに新車をまるごと買って用意したものだったという。

「こんなことができるのは渡さんの発想力だとしか思えません。この話が伝説としてあちこちに伝われば、『ここまでしてくれる石原プロの仕事は絶対に断れない』ということになりますからね」

 相手がドギモを抜くような大胆なサービス。もし、思わぬ危機に直面した時にも、周りが喜んで助けてくれること請け合いだ。

「別に‥‥」発言で不機嫌女優のレッテルを貼られてしまった沢尻エリカ。その後、仕事の面では厳しい状況が続いたが、こんな時どうすれば信頼を回復できるのだろうか。

「映画『ヘルタースケルター』で復活したあとに出演したフジテレビの深夜ドラマでは、スタッフの評判は上々でした。みんな『また沢尻さんと一緒に仕事をしたい』と思ったそうです」

 評判が悪い中でもキチンと仕事をすれば、「なんだ、本当はいいヤツじゃないか」とイメージを転化しやすい。一度失敗しても、沢尻のように耐えてキチンとやっていけば、一見、遠回りに見えても、逆にそれが信頼を復活させる力となるのだ。

 逆に危機回避に失敗してしまったのが「ゲス不倫」で騒動を起こしたベッキーだ。10本もあったレギュラー番組を全て降板したが、いまだ本格復帰のメドは立っていない。

「彼女の場合は、そのまま『いい子キャラ』を通していたのがまずかった。視聴者は裏の顔に敏感に反応しますからね。おまけに不在になっても、視聴率がまったく変わらなかったそうです。そうなると、番組側も批判的な反応がある彼女を無理して使う必要がありませんからね」

 言いたい放題の多少ブラックなキャラに転向すれば、ベッキーにも復活の芽はあるかもしれない、というのが城下氏の意見だが、はたして!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴