スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「パワーアップしたレイデオロ」

 秋の東京開催。その掉尾を飾るのは、ご承知のとおりジャパンカップだ。

 ただ、以前の盛り上がりはない。日本馬の質の向上もあるだろうが、凱旋門賞のあと、米国のBCと香港国際競走のはざまにあり、どうしても軽んじられる傾向にある。何度となく指摘してきたことだが、欧米の目を引き付ける意味で、開催時期を含め、再考を要するのではないだろうか。

 確かに日本馬は質が上がり、強くなった。05年のアルカセットを最後に11年間、外国勢の勝ち馬は出ていない。いや、連対馬さえもいないのだ。これでは国際招待競走としては興醒めで、関心が低くなるのも当然である。が、レース自体は決して不満を残すものではない。日本馬の一線級が集う競馬であれば、おもしろくないわけはない。

 今年も日本勢はキタサンブラックを筆頭に豪華な顔ぶれ。GI勝ち馬6頭に、それに準ずる馬(GI2着)が4頭。外国招待馬はわずか4頭だが、3頭はGI勝ち馬、残るアイダホは先頃、年間GI勝ち鞍世界タイ(25勝)を記録した名伯楽エイダン・オブライエンが調教師(愛国)だ。昨年の愛ダービー2着、英ダービー3着の実績をひっ提げて挑戦してくる馬で、決して日本勢に見劣るものではない。

 ただ、このあとの香港遠征も視野に入っている馬もいて、地の利もある日本勢が有利と見られるのは、やむをえないところか。

 さて、馬券検討に入ろう。馬単が導入された02年以降のこれまでの15年間、その馬単で万馬券になったのは4回(馬連3回)。1番人気馬は5勝(2着3回)、2番人気馬は1勝(2着3回)。決して順当に収まってはいないものの、大きく荒れることも少なく、中穴傾向のGIと言ってよさそうだ。

 年齢的には4歳馬が過去15年で9勝(2着4回)と、圧倒的に実績を残している。6歳以上はわずか1勝(2着1回)で、7歳以上の高齢馬は厳しい戦いになっている。

 あとは近年、牝馬の活躍が目立つ。09年の勝ち馬ウオッカから昨年までの過去8年間で5勝(2着2回)という好成績を残しているのだ。背負う斤量が軽いこともあるが(古馬57キロ、3歳馬55キロで牝馬はマイナス2キロ)、牝馬は侮るなかれということか。

 前置きが長くなったが、最も期待を寄せてみたいのは、人気の一角、レイデオロだ。自他ともに認める3歳最強の今年のダービー馬であり、菊花賞挑戦を早々にパス。この秋は神戸新聞杯を圧勝後、ここ一本に備え、万全とも言える出走態勢を敷いている。

 中間の調整は抜かりなく、2週前、1週前の追い切りは文句なしだった。

「一段とパワーアップ。馬がヤル気になっているし、春より数段よくなっている。レースが待ち遠しい」

 こう言って藤沢和調教師は目を細めるほど。何の不安もないという印象だ。

 であれば、あとは古馬強豪との比較だろう。今年の3歳馬のレベルは決して高くないとの声もあるが、トップに立つこの馬は別格と見たい。

 バランスの取れた好馬体で、ディープインパクトが近親という血統。状態に問題はなく、古馬より斤量が2キロ軽い。2戦2勝と相性のいい東京で、道悪も上手。チャンス大と見たい。

 むしろ連下が問題だ。最右翼のキタサンブラック、サトノクラウン、シュヴァルグランなら、評価が落ち気味のレインボーラインマカヒキがおもしろい。

 特に前者で、前走の天皇賞・秋(3着)は得意の泥田馬場だったからと見るのは間違いだ。この中間さらに良化しており、小柄なこの馬には前走から1キロ斤量が軽くなるのも好材料。最も充実する時期を迎える4歳馬であり、持ち味の勝負強さを見せ、アッと言わせるシーンがあっていい。

 マカヒキは、休み明け3戦目で雰囲気がよく、好走必至と見ている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
3
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた
4
マギー、「バストのふくらみ丸わかり」ボディースーツ横胸ショットの“艶度”
5
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?