芸能

長嶋一茂を共演者が完全スルー!日馬富士問題で差別まがいのモンゴル観を披露

 連日のようにワイドショーをにぎわせている大相撲の日馬富士問題で、長嶋一茂の過激発言に注目が集まっている。11月24日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)にて一茂は、日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が、モンゴル力士たちの宴席で起きたことについて、人種差別まがいの発言を連発したのである。

「暴行の現場には白鵬と鶴竜も居合わせ、モンゴル人横綱が3人いたわけですが、それを念頭に一茂は『日本人3人が横綱ならこうならなかった』と言いきったのです。また別の場面でも『モンゴル人同士の風習や気質、日本人と違うのかなあ』と語り、モンゴル人力士ゆえのトラブルだという考えを強調していました」(テレビ誌ライター)

 これらの発言に対し、他のコメンテーターはほとんど反応せずに完全スルー。テレビ朝日社員の玉川徹は「そういうことより」と、あからさまに話題を変える有様だ。さらに玉川は「モンゴルだからという話にしてはいけない案件だと思います」と断言し、一茂の発言を一刀両断した。このようにぞんざいな扱いだった一茂について、テレビ誌ライターが続ける。

「確かに一茂の発言は暴言レベルに違いないのですが、制作側としては普通なら口にしづらい意見をあえて一茂に放言させることで、ガス抜きを演出しているのではないでしょうか。その一茂は9月にも『北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うな』と放言し、宇賀なつみアナから華麗にスルーされたばかり。おそらく一茂自身は深い考えなしに発言しているだけで、制作側の手のひらで踊らされているのでしょう」

 実際、一茂なら少々の暴言も「アイツならしょうがない」という空気で済まされる感がある。とはいえモンゴル関連の発言がヒートアップしすぎると、さすがにヤバい状況に陥る可能性もあるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス