芸能

長嶋一茂を共演者が完全スルー!日馬富士問題で差別まがいのモンゴル観を披露

 連日のようにワイドショーをにぎわせている大相撲の日馬富士問題で、長嶋一茂の過激発言に注目が集まっている。11月24日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)にて一茂は、日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が、モンゴル力士たちの宴席で起きたことについて、人種差別まがいの発言を連発したのである。

「暴行の現場には白鵬と鶴竜も居合わせ、モンゴル人横綱が3人いたわけですが、それを念頭に一茂は『日本人3人が横綱ならこうならなかった』と言いきったのです。また別の場面でも『モンゴル人同士の風習や気質、日本人と違うのかなあ』と語り、モンゴル人力士ゆえのトラブルだという考えを強調していました」(テレビ誌ライター)

 これらの発言に対し、他のコメンテーターはほとんど反応せずに完全スルー。テレビ朝日社員の玉川徹は「そういうことより」と、あからさまに話題を変える有様だ。さらに玉川は「モンゴルだからという話にしてはいけない案件だと思います」と断言し、一茂の発言を一刀両断した。このようにぞんざいな扱いだった一茂について、テレビ誌ライターが続ける。

「確かに一茂の発言は暴言レベルに違いないのですが、制作側としては普通なら口にしづらい意見をあえて一茂に放言させることで、ガス抜きを演出しているのではないでしょうか。その一茂は9月にも『北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うな』と放言し、宇賀なつみアナから華麗にスルーされたばかり。おそらく一茂自身は深い考えなしに発言しているだけで、制作側の手のひらで踊らされているのでしょう」

 実際、一茂なら少々の暴言も「アイツならしょうがない」という空気で済まされる感がある。とはいえモンゴル関連の発言がヒートアップしすぎると、さすがにヤバい状況に陥る可能性もあるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
4
夏目三久 激怒報道から5年「有吉弘行との結婚」仰天内幕(3)夏目のあの騒動を有吉が笑いにしたことで…
5
吉岡里帆、「レンアイ漫画家」演技に「ゾワゾワする」「あのドラマの再来?」指摘!