エンタメ

くまモンだけが勝ち組?「ゆるキャラグランプリ」が終了したもっともな理由

 まさにこれこそ「オワコン」だろう。ここ数年、テレビやイベントなどで日本中をゆる~く盛り上げ大ブームにもなった全国の「ゆるキャラ」たち。その祭典でもある「ゆるキャラグランプリ」が東京五輪の年、2020年を最後に終了予定ということが明らかになった。今年のグランプリを獲得したのは、千葉県成田市の「うなりくん」。2位は愛知県知立市の「ちりゅっぴ」、3位には来たるラグビーW杯などの盛り上げにはひと役買っている、東大阪市役所の「トライくん」。とはいえ、残念ながらこの3キャラは全国的にはほとんど馴染みがない。こんな盛り上がりに欠ける状況が、イベント終了を決断させようとしている理由でもある。

「非公認とはいえ、年収7億円ともいわれた“ふなっしー”の凋落が象徴するように、ゆるキャラは完全に飽きられました。一時は地方自治体でも人気キャラクターを作ることが町おこしの一番の近道とも言われましたが、庶民をゆる~く楽しませるためのものが、いつの間にか職員の組織票やゴリ押しが取り沙汰されたり、さらに各業界でもキャラクターの乱立が起こり、世間が食傷気味になってしまったんですね。結局、ほとんどが淘汰され、国民も『ゆるキャラは“くまモン”だけでいいのでは?』という気持ちになったことは否めません」(エンタメ誌ライター)

 第1回の2010年「ひこにゃん」、11年「くまモン」、12年「バリィさん」、13年「さのまる」、14年「ぐんまちゃん」、15年「出世大名家康くん」、16年「しんじょう君」…この受賞史を振り返るだけで、いまやオワコンと言われるのも確かにうなずける。「あからさまな組織票で決まるようになったら芸能人もゆるキャラも終わりだと思う」「ゆるキャラの役目は終わったよね。ご苦労さまでした」という、一般のヤフーコメントが世間の総意かもしれない。

(小机かをる)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
2
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
菅野智之に首脳陣が「困惑声」…原巨人“2位でもグダグダ”なチーム事情とは