芸能

明石家さんま「10年後も芸能界のトップはオレ」発言の深意!

 11月26日放送の特番「誰も知らない明石家さんま」(日本テレビ系)の視聴率が13.9%(関東地区)だったことが11月27日、ビデオリサーチの調べでわかった。同番組は、一昨年から年1回、11月に放送されているバラエティ。第1回は13.7%、第2回は13.5%を記録している。日テレ系日曜夜の高視聴率番組「ザ!鉄腕!DASH!!」と「世界の果てまでイッテQ!」「行列の出来る法律相談所」の3番組を休んでのブチ抜き3時間の放送だった。

「裏番組の右肩上がりの連ドラ『陸王』(TBS系)の16.4%には届かなかったものの、シリーズが好調だった『池の水ぜんぶ抜く大作戦5』(テレビ東京系)の12.8%、『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2017』(フジテレビ系)の11.0%を蹴散らしました。もっとも『イッテQ!2時間スペシャル』は10月15日放送回が20.4%を記録するなど、人気は断トツ。さんま特番放送中も『イッテQロス』や『DASHロス』を訴える視聴者がネットで大騒ぎしてました」(芸能ライター)

 とはいえ、今回の目玉である、さんまへの1時間超のNGなしロングインタビューは見ものだった。さんまは13の答えにくい質問に回答。ド直球の質問ばかりだったがはぐらかさずに答えたのだ。まず、「彼女はいるのか?」には「結婚考えているとか、そういう人はいない。少数ですがデートしてくれる、ご飯に行ってくれてる人」がいることを明かした。また「10年後の芸能界でトップに君臨しているのは誰か?」には「今オレがトップだとしたら、10年後もオレ(がトップに君臨している)」と胸を張り、「72歳ならまだイケると思う」と気力・体力共に充実していることを強調。今後10年間の現役続行宣言をやってのけたのだ。

「この発言には、後輩芸人たちはガッカリしたかも。あと10年はトップを獲れる可能性がほぼゼロになったわけですから。そもそもさんまは還暦を迎えた時に一度、引退宣言していて記念特番まで放送された。ところが60歳になったら、あっさりそれを撤回。解散騒動渦中の木村拓哉の本音メッセンジャーの役を買って出るなど、芸能界への影響力の強さをアピールしてきた。今回の『あと10年はイケる』発言は、若手の台頭を封じ込める意味があったのかもしれません」(テレビ誌記者)

 現在62歳のさんまの「挑発」への若手の奮起を期待したいところだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」