芸能

紅白歌合戦「出場裏バトル」を全部書く(1)安室は3億円セットでも辞退

 今年も大みそかに放送されるNHK紅白歌合戦の出場歌手が決定した。昨年は解散したSMAP出場を巡る話題でギリギリまで引っ張ったが、結局は肩透かしとなる不出場組が続出。さらに今年はヒット曲もブームも見当たらず、もはや目玉不在のカラ騒ぎが恒例行事となった怪物番組の裏舞台をさらけ出す!

 11月16日に満を持して発表された紅白の出演者たち。蓋を開ければ、そのメンバーたるや、かつての紅白常連の大物歌手の姿がみごとに消えていたのだ。

 芸能デスクが説明する。

「出演者46組中、出場20回を超すのは47回の五木ひろし(69)、40回の石川さゆり(59)、29回の坂本冬美(50)など7人のみ。今年、歌手生活50周年を迎えた和田アキ子(67)や、斬新な髪型で話題を呼んだ細川たかし(67)、愛馬キタサンブラックが天皇賞を制覇した北島三郎(81)の復活もありませんでした」

 とはいえ、初出場の10組はソロシンガーとしては初出場となるトータス松本(50)やデビュー30周年のエレファントカシマシ。さらにはインパクト絶大な風貌の40歳の竹原ピストルなど、顔ぶれからしてとてもフレッシュなメンバーとは言いがたい。

「にぎやかな話題といえば、松たか子(40)が18年ぶりに紅白登場となりましたが、歌うのは朝ドラ『わろてんか』の主題歌『明日はどこから』で、多くのファンが望んだ『アナ雪』ではありません。韓流アイドルでは6年ぶりの出場となるTWICEも今年を代表する歌手とは言えない。せめて今年1年を振り返るのにふさわしい大物歌手が1人でも出演すれば、締まりよしなのですが‥‥」(前出・芸能デスク)

 今年1年の音楽業界を振り返ってもヒット曲どころか大ブームもなかっただけに、ない袖は振れないということか。それでも音楽業界で数少ない話題となったのが、来年9月に引退することを電撃的に発表した安室奈美恵(40)だろう。ところが、出場者の中に彼女の名前はなし。女性誌記者が交渉の舞台裏を明かす。

「引退宣言の直後には、紅白の大トリ出場は確実と見られていた。というのも安室と紅白は縁が深く、97年に出産休養前の最後と、翌年の出産後の初ステージは紅白の舞台でした。事実上の窓口となっているレコード会社は引退の花道として紅白に出演するプランを計画していた。20分の特別コーナーで、数々のヒット曲をメドレーで歌うほか、多くのヒット曲を放った小室哲哉(58)とのゴールデンコンビを一夜限りで復活させる案なども検討していた。ところが、蓋を開けてみれば、安室からは出演NG。NHKもまさか断られるとは考えていなかったようだ」

 はたして安室とNHKの間でなにがあったのか。女性誌記者が続ける。

「アーティスト志向の強い安室はコンサートでMCを一切しないほどトーク嫌い。紅白の舞台でアイドル歌手のような受け答えをしたくないというのが本音なんです」

 実際、安室は04年を最後に紅白には出場していないが、昨年はリオ五輪主題歌「Hero」でもNHKのオファーを蹴っている「前科」がある。

「当時は小学生時代から世話になっていた事務所に所属していたが、現在は袂を分かち独立し、決定権は全て安室が握っている。NHK側は美術セットを含め3億円を積み上げ、本気で口説いたが、アーティストとしての美学を貫きたい安室には響かなかった」(前出・女性誌記者)

 引退発表後、発売されたアルバムは予約だけで100万枚のミリオン突破、来年の引退カウントダウンツアーはプラチナチケットとなり、グッズなどを含めれば1000億円の売り上げが見込まれるだけに、カネでは安室を動かせなかったのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合