スポーツ

松山英樹がジャンボ尾崎に「引退撤回」を決意させた(3)ジャンボの道具を参考に!

 つまり、尾崎は「結果が出なければクラブを置く」という事実上の引退宣言を翻したのだ。

「ジャンボはもう一度予選をクリアして優勝争いを演じたいんだと思いますが、最後の賞金は13年4月の『つるやオープン』の30万8400円。男子レギュラーツアー史上初のエージシュートを達成した時でした。あれから4年、結果を残せていない以上、今季は引退すると思いましたが‥‥」(ゴルフ担当記者)

 くしくも尾崎は、思い出の舞台で、メジャー制覇をもくろむ松山によって、再び闘志に火をつけられる形となった。

 2人が一緒にツアーでラウンドしたのは13年のことである。ベテラン記者が振り返る。

「茨城の名門・大洗ゴルフ倶楽部で行われた『ダイヤモンドカップ』でした。プロゴルファーであれば誰もが一度は制してみたいゴルフ場で、その秋から米ツアー本格参戦を表明していた松山が優勝したんですが、その時に松山がこっそりジャンボのキャディーバッグをのぞいていたという噂が流れました。若手のプロ野球選手が一流選手のグラブやバットを手に取ってみる心境と一緒でしょうね。当時から松山は飛ばすことにこだわるジャンボのフォームや道具を参考にしていたんだと思います。石川遼や古閑美保のようにスッとジャンボの懐に飛び込めるタイプじゃないし、ジャンボも青木功や中嶋常幸のように松山に気軽に声をかけるタイプじゃない。お互いに気にかける存在でいながら、ここまですれ違ってしまった。それだけに今回はジャンボも松山からの指名がうれしく、新鮮な刺激を受けたのでしょう」

 尾崎の再挑戦に火をつけた松山は、うれしそうに「まだまだ驚かせるようなプレーじゃないし、刺激を与えているようじゃダメですね。引退を(決意させないと)ね」と言って、取材陣の笑いを誘ったものだ。

「ホールインワンを達成した最終日の会見でも、松山は60人近い取材陣を前に、口下手とは思えないほど能弁でした(笑)。15分ほどにわたって、今まで語りたがらなかった技術論が飛び出したり、ジャンボとのラウンドについても、『4年置きぐらいでいいですね』と、松山流の表現で現役続行を喜んでいた。最後は『優勝してもないのに長いよ』と、ボソッと言って立ち上がり、会場をあとにしました(笑)」(ツアー関係者)

 決意を固めた尾崎のみならず、松山にとっても実り多き4日間だったようだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】