政治

天才テリー伊藤対談「舛添要一」(4)辞職してなければ

テリー もし、舛添さんが現在も都知事を続けていたとしたら、何に取り組んでいましたか?

舛添 まずは遅れている都市計画ですね。東京という街を100年、200年と保たせるために、30年に一度リフォームしなくてはいけないわけです。今、渋谷や大丸有(大手町・丸の内・有楽町)などは進行していますけど、予定していたところがほとんどストップしてしまっているんです。これは大きな問題です。それに加えて、さらなる高齢化社会を見据えて東京のグランドデザインを変えないといけない。

テリー 具体的には、どういうことですか。

舛添 我々の親世代は、持ち家を持つとなると郊外に買ったものですけど、今は都心回帰の傾向が強いんですよ。夫婦共稼ぎで子供が少ないから、職住隣接で近くに保育所があるような、便利な地域に住みたいと思っているわけです。

テリー そうですよね。

舛添 そういった都民の配置バランスを考えて、都心や郊外の使いみちを早急に考えていかないといけない。なのに、小池さんは目の前の豊洲や選挙にエネルギーを取られてしまって、そういう事柄にはまったく動いていない。このままだと、東京はよその街に大きく差をあけられてしまいます。

テリー 確かに、そういう問題は、あまり小池さんから語られていない気がしますね。

舛添 それから2020年の東京オリンピック・パラリンピックに関して言うと、文化プログラムがまったくなってないです。スポーツと同時に文化の祭典でもあるはずなのに、そこもまったく進んでいない。だから今でも街を歩いていると、「ああ、これ、動いてないじゃないか」「ここもダメだ」と、もう気になってしかたがない(苦笑)。

テリー 自分であれこれ考えていただけに、イライラも倍増ですね。

舛添 だって豊洲の移転もまだ決まらないでしょう?

テリー 来年の9月か10月になるんじゃないか、と言われていますよね。

舛添 決まらない理由は2つあって、1つは追加工事の入札不調なんですよ。9件のうち、まだ2件しか入札されていない。それは現在試行されている入札制度改革で、「1者入札を原則認めない」「予定価格の事前公開廃止」を打ち出したから。今、建設会社は他に仕事がたくさんあって儲かっているのに、わざわざ問題だらけの豊洲に行くわけがないんですよ。

テリー 一挙一動が注目を浴びるし、何かあったらすぐ問題になりますからね。

舛添 都が要求する内容は高度なものが多いですから、予定価格内で収めることはなかなかに難しい。それでも入札させるには、「その代わりに、どこかで借りを返すから」という話にならざるをえない。そういう現場の状況も知らないまま入札制度をブラックボックス扱いして切り捨ててしまったのが、今の状況ですよ。もし、来年の10月に移転が間に合わないとなると、中央環状線ができない。築地の跡地に、オリンピックに向けて5000台のバス駐車場を造る予定なんですが、環状線がないと選手村からの輸送がアウトです。

テリー ああ、ホテル三日月さえなければ(笑)。

舛添 ハハハ、あれから1年たって、私もやっと落ち着いてきたので、都知事時代に知ったこと、学んだことを、今後いろんな形で語っていきたいですし、それが、よりよい都政の道を指し示すきっかけになればいいな、と考えています。

◆テリーからひと言

 いろいろ騒ぎになったけど、あらためて語り合うと、話もわかりやすいし、実に優秀な人なんだよね。ぜひ、今後も厳しい目で小池都政をチェックしてください。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!