政治

天才テリー伊藤対談「舛添要一」(3)北朝鮮問題は現状維持が一番ですね

テリー 安倍総理は、ずっと「北朝鮮に圧力を」と言っているじゃないですか。確かに、政治家としてはカッコいい姿勢なのかもしれないんですけど、「圧力」って強い言葉ですし、加えて先日来日したトランプ大統領との会談で「(北の問題に)協力する代わりに武器を買ってよ」みたいな話になって、相当いろいろ買うことになりましたよね。

舛添 ええ、ステルス戦闘機のF-35とか迎撃用のイージス・アショアとか。

テリー やっぱり大統領というより商売人なんですかね(笑)。しかしそんなことをしていると、お金もかかるわけですよ。この問題に関してどうお考えですか?

舛添 当然、私は対話と圧力、どちらも重要だと思いますが、恐らく対話のパイプがないんでしょう。それこそテリーさんが、特使で行ったほうがいいんじゃないですか。

テリー いやいや、もうアントニオ猪木さんが行ってるじゃないですか。

舛添 むしろ、テリーさんのほうが信用されるかもしれない(笑)。

テリー 僕は大前提として、トランプさんと安倍さん、どちらも北朝鮮との戦争はない、と思ってるような気がするんです。ただ今の状況なら「許さん!」と言っているほうが、イメージがいいからやってるんじゃないですか。

舛添 基本的にそうだと思いますよ。例えば、日本には3万人ぐらいの在日朝鮮人の方がいるわけです。

テリー ええ、朝鮮総連もそうですよね。

舛添 だから、金正恩もそう簡単に撃ったりしないですよ。要するに「同胞がいる日本にミサイルを撃つんですか。みんな死んじゃうかもしれませんよ」ということですから。さすがに、そんなバカなことはしないでしょう。

テリー そりゃまあ、冷静に考えればそうですよね。

舛添 あと、実際に戦争が始まるとなると、同盟国の中国やロシアは、朝鮮戦争の時みたいに北朝鮮につかざるをえない。そうなると、世界大戦になるわけですからね。

テリー しかも、仮にアメリカが北朝鮮を攻めて勝利したとしても、中国がニラミを効かしているかぎり、アメリカが占領軍として統治するわけがないですしね。攻めたはいいけどウマミもないんじゃ、戦争する意味なんてない。

舛添 結局のところ、現状維持がいちばんいいわけです。だけど、我々は“核兵器を持たない北朝鮮の現状維持”を望んでいるわけでね。本当は北朝鮮が完全に妥協して、「もう核は捨てます」と言ってくれればいいんですけれど‥‥。

テリー それ、絶対にない話ですよ。

舛添 そうです。そしてアメリカの「核を捨てろ」という警告は、アメリカに届く核、つまり大陸間弾道弾と核の組み合わせをやめろという意味で、日本や韓国に到達する核を所持するな、とは明言していないんですよ。

テリー ああ、確かに。

舛添 ですから、北朝鮮に小さい核──アメリカに届くほどではないけれど、韓国や日本には有効な核弾頭なら持たせてやるか、みたいな話も出てくるかもしれない。で、日本、韓国は、それぞれ自分たちで核を持ってそれを抑止しなさい、みたいな解決策をアメリカは考えているかもしれないですね。

テリー なるほど、それはかなりリアリティーがありますね。日本はいつもアメリカに頼ってばかりだけれども、アメリカは基本「アメリカファースト」だから。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬