政治

金正恩「核とミサイル」絶対やめない理由は父・金正日の「遺言」にあった!

 まさに、不意を突く“攻撃”だった。11月29日早朝、北朝鮮が日本海に向けて大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射。高い角度で打ち上げて飛距離を縮める「ロフテッド軌道」によって、過去最高の高度4475キロに達し、およそ53分間飛行した後、日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下した。すでに通常軌道で発射すれば米国全土を射程に収めており、1万3000キロ以上の飛行が可能と見られている。一触即発の事態に、同日行われたミズーリ州での演説でトランプ大統領は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(33)について、

「ちびのロケットマン、彼は気味の悪い犬コロだ!」

 と敵意を込めて皮肉ると、言葉だけではなく最大規模の圧力も強めている。12月4日から米韓合同軍事演習を開始。米国側は海兵隊ら1万2000人が参加し、最新鋭のステルス戦闘機など航空機230機を動員しているのだ。

 それにしてもいったいなぜ、北朝鮮は核・ミサイル開発を執拗に続けるのか。その根底には“偉大なる指導者”である故・金正日総書記の知られざる「遺言」の存在があるという。公安調査庁関係者はこう明かす。

「正日氏は容体が悪化して命の危険が迫ってきたことを察知すると、みずからの後継者としての心構えを託すため、正恩氏を枕元に呼びました…」

 詳しい全容は、この「遺言」を独占入手した12月12日発売の週刊アサヒ芸能12月21日号が報じている。はたして、死期を悟った金正日氏が息子に託した思いとは──。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!