芸能

吉本芸人だらけの「M-1グランプリ」に東京勢からあがった“反旗”の声

 12月4日放送の漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」にて、結成15年目のとろサーモンが優勝した。その最終決戦では2年連続で和牛が準優勝に終わったのはおかしいと、審査員の判定を批判する声も根強い。だがコアなお笑いファンからはそれ以前の問題として、決勝戦の進出メンバーそのものがおかしいとの声もあがっていたようだ。

「決勝進出者9組のうち、グレープカンパニー所属のカミナリ以外がすべて吉本所属の芸人。さらに敗者復活戦でも吉本所属のスーパーマラドーナが勝ち抜く有様で、吉本びいきが露骨過ぎると批判されていたのです。確かに吉本芸人が質・量ともに抜きんでていることは否定できないものの、ミキを含めた最終決戦進出の3組がすべて吉本芸人となれば、違和感をぬぐえない人が多かったのも当然でしょう」(お笑い系ライター)

 この調子では吉本の勢力が拡大するばかりで、東京のお笑い事務所が窮地に陥るとの危機感も伝わってくるという。それゆえ東京勢も指をくわえているわけにはいかず、お笑いタレントを数多く抱えるホリプロやナベプロ、太田プロや人力舎などが主導して、新たなお笑いコンテストを開催しようとする動きもあるようだ。

「ただ残念なことに、肝心のテレビ局が後ろ向きなようなのです。いまや吉本の所属芸人抜きではバラエティ番組を制作することは難しく、結局は吉本に“忖度”せざるを得ないようですね。ホリプロやナベプロは自社に番組制作の部署を抱えるものの、吉本排除のリスクを取るのはさすがに難しいのかもしれません」(テレビ業界関係者)

 このまま吉本の一強時代は続くのか。お笑い業界にも今流行りのダイバーシティ(多様性)が求められているのかもしれない。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
とにかく中日戦はお手上げ…各球団が押し付け合う「不人気カード」の悲痛ホンネ
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
とんねるず・石橋貴明が大谷翔平のドジャース・キャンプを訪問したらスター選手が興奮熱狂!その理由は…
4
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
5
【知られざる生物】360万年前に深海で絶滅した巨大ザメ「メガロドン」の歯化石発見!その水中映像は…