芸能

高橋英樹、新ブログ人気上昇で愛娘・真麻との「大食い対決」が実現する!?

 高橋英樹が公式ブログを開設、SNSデビューしたのは12月9日。御年73歳で初挑戦で、そのタイトルは「俺もブログ始めたぜ」だ。「これから楽しみが増えるなあ!みんなにも楽しんでもらいましょう」とコメントしつつハワイの海岸での水着姿を披露するサービスぶり。遠景ながら、身長182センチ、往年の二枚目俳優のイメージを損なわない均整の取れた熟年ボディを公開。2枚目は、愛娘のフリーアナ・高橋真麻とのペア写真。高橋の若々しい顔より、真麻の爆バストの渓谷も露わな胸元に目が吸い寄せられる仕掛けだ。

「真麻はフジテレビ退社後、積極的に公式ブログを更新。その食べっぷりの良さやヨダレの出そうな数々の料理写真、加えて飾らない開けっぴろげな性格が伝わる文面で好感度がアップして今やブログ読者は9万7000人超えです。一方、父の高橋がブログを始めた経緯は、いっさい触れられていませんが、娘のますますの好感度アップも狙っているんでしょう。真麻は開設初日に『なんか、始めたらしいです(笑)』『宜しくお願い致します』と“73歳の手習い”への応援メッセージを送っています。芸能界でもおなじみの仲良し親子ですから先々どうコラボするかも見ものです」(芸能ライター)

 12月19日現在、高橋のブログ読者数は2600人を超えたばかり。コメント欄には、同世代ファンからの激励メッセージとともに小学生など意外な若年層からのお便りも届いている。11日の投稿では「ヤバイ消えちゃったよ」のタイトルで操作ミスで初回からの投稿がすべて消えるアクシデントに遭遇。が、海千山千の高橋はパニックになるようなことは当然なく、冷静に対応。復旧してもらい間に合わせたことを報告した。

「高橋はグルメでおなじみ。作るのも食べるのもお取り寄せするのも大好きで、若い頃は早食いで鳴らした。今後は真麻以上のグルメ情報が発信されそう。歴史マニアでもあり、江戸時代の古地図を見ながら街を散策したり、城の石垣を見物したり、坂を尋ね歩いたりするのも趣味なので、そのあたりの記述もお目にかかれそう」(スポーツ紙記者)

 中華料理好きだという高橋は、行きつけの飲食店での「73歳でこれが食べたいのか…」というほど腹持ちがよさそうな料理を公開する一方、真麻にマッサージしてもらう動画なども公開。真麻との「食いしん坊対決」を公開する日も近い!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す