芸能

土屋太鳳を嗚咽させた「まれ」壮絶スパルタ現場(2)ネット対策でガラケー使用

 だが、それだけではない。土屋はデビュー時にも、あるコンプレックスがあったという。芸能関係者が明かす。

「もともと、彼女は自分の声に関するコンプレックスが強かったのですが、デビュー間もない頃のオーディションで、滑舌の悪さを指摘され、『役者に向いてない』と言われたことに大きなショックを受けたんです。結果、舌の手術を受けるまでに至った。そのトラウマで、売れっ子となった現在も、まだ自分の声に嫌悪感を抱くことがあるようです」

 弱冠22歳にして、12年もの芸能生活を送ってきただけに、数多くの“イジメ現場”をくぐり抜けてきたことは想像にかたくない。

 さらには“ネット中傷”の可能性を指摘する声もある。別の芸能関係者が言う。

「彼女はSNSやネット掲示板で『ぶりっ子』『あざとい』『顔がパンパン』といった自分に関する悪口を見て、ショックを受けることが多々あったんです。中でも昨年10月、TBS系『オールスター感謝祭』の『赤坂5丁目ミニマラソン』で力走し、脱水症状で倒れ込んだシーンについても『わざとらしい』と書かれていたことに落ち込んでいました」

 インターネットといえば「便所の落書き」と言われるほど、有名人に対する誹謗中傷は多い。そうした現状を目にして心を痛めているという。さらには主演作に対する批判も彼女にとって耳が痛くなる話のようだ。

「映画レビューサイトに掲載された、彼女の出演作をボロクソに酷評した書き込みを見た際も、気の毒なほど落胆していたと聞きました。自分についてだけでなく、思い入れのある作品をボロクソに言われて本当につらかったのでしょう」(前出・芸能関係者)

 そうした経緯で事務所からスマホ禁止令が出た。

「悪意のある書き込みを見ないために、事務所スタッフと彼女が相談して決めたのが『スマホを持たない』ということ。スマホ全盛の現在でも、彼女はガラケーを使っているんですよ」

 一方、プライベートでは若手俳優の山崎賢人や福士蒼汰らとの親密ぶりから、たびたび、熱愛疑惑がささやかれている土屋だが、

「現場では“小悪魔的な魅力”をこれでもかと発揮している」

 と映像関係者が打ち明ける。

「彼女は身近なスタッフや共演者に手紙を渡す習慣があるんです。とても丁寧に仕事での感謝の気持ちがつづられているんですが、男相手の手紙で『愛しています』『大好きです』などの言葉が頻出する。どこからどう見てもラブレターで『太鳳ちゃんに告白された』と勘違いする男が続出しているんですよ。監督、プロデューサー、ディレクター、彼女のスポンサー企業の担当者らで“自称・土屋太鳳の意中の男性”が続出している」

 彼女の小悪魔的魅力は酒席でも──。

「打ち上げの飲みの席で、男性スタッフと一緒にウイスキーやブランデーなどキツイ酒を頑張って飲むのも彼女の“小悪魔的テクニック”。『あんまりお酒は強くないんです』と言いつつ、飲む姿を見てオッサン連中は『そこまでして俺と飲みたいんだ』と思い込んでしまう。『実はいちばん酒が強いんじゃないか』と疑う向きも出てきました」(前出・芸能関係者)

 彼女の下積み時代の経験からくる“号泣”が、業界人気ナンバーワンにまでなった原動力かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは