芸能

吉岡里帆「オヤジ殺し女優」の野心な“可愛さ”(3)「本命不在」も戦略の一つ

 オヤジ扱いにたけた吉岡だが、現在、プライベートにおいて男関係はどうなっているのか。芸能関係者が語る。

「佐藤健の自宅マンションに『スッピン濡れ髪』の姿で出入りしていると今年8月に報じられましたが、両者とも本命同士ではないようです。以前から吉岡は城田優と仲がよく、佐藤とも城田の紹介で知り合ったと言われている。彼女は佐藤のほかヤクルトスワローズの山田哲人とも熱愛疑惑がささやかれていましたが、いずれも結婚を考えるほどの関係ではないようです」

 たびたび熱愛説が報じられている吉岡だが、いったい彼女の本命は誰なのか。

「本命の存在を明かさないことも吉岡の“成り上がり戦略”の一つでしょう」(広告代理店関係者)

 という声すらあるのだが‥‥。

「彼女は近年、スポンサー企業の記者会見や出演するドラマのトークイベントなど、あらゆるところで『ステキな人と運命的に出会いたい』と自身の結婚観を語っているんです。本心だとは思いますが、うがった見方をすれば『これから出会うオトコと恋に落ちる』と予告しているにほかならない。結婚観も含め、彼女の発言には男ウケを高める要素が満載なんです」(別の広告代理店関係者)

 あらゆる言動が女優としてのし上がっていくための野心とすらうかがえる吉岡だが、外見的にも徹底的に人気女優を研究して、現在のポジションを築いたというのだ。芸能事務所関係者が解説する。

「彼女の最大のチャームポイントである、力強く大きな目は、先輩女優の北川景子、木村佳乃、麻生久美子のメイクを徹底的に研究しているんです。その結果、アイライナーとアイシャドウの使い方がとにかくうまく、今も日に日に進化しているのです」

 17年の「ブレイク女優ナンバーワン」となった彼女は、今後どんな高みを目指していくのか。

「『ごめん、愛してる』で共演の長瀬智也、坂口健太郎と連発した濃厚なキスシーンが話題になりましたが、今後、女優としての幅を広げるため、さらにセクシーなシーンにチャレンジしていく意欲を、本人が周囲に語っています。水着グラビアを封印して以降、見せていない豊満ボディも、女優として演技の中で惜しみなく披露していくと見られている。まだまだ、彼女はポテンシャルを秘めていますよ」(ドラマ制作関係者)

 一躍、最注目女優に駆け上がった吉岡里帆。18年も「野望のエロス」で芸能界の頂点を目指すことになりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
叶姉妹が男性のシンボル型アクセを公開!ニギニギショットが艶すぎるッ
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声