芸能

トレエン斎藤、デキ婚発表も「最低さん」呼ばわりされる理由!

 馴れ初めが馴れ初めだけに叩かれないわけがない。

 トレンディエンジェルの斎藤司が12月24日、インスタグラムを更新し、今春から同棲していた福岡出身の一般女性と入籍したことを報告した。

 斎藤といえば、以前の彼女との交際中もなかなか結婚に踏み切ることができなかったが、今回はすでにお相手の女性が妊娠中ということもあり、斎藤が結婚を決心したようだ。お相手の女性と知り合ったのは昨夏であり、同棲発覚からわずか半年のスピード婚だが、4年半交際していた元カノと破局したのは2月頃。

 不貞から始まった恋愛ということもあり、ネット上では「さすが最低さんだよな」「下積み時代を支えた元カノがかわいそう」「30代の元カノは4年半も待たされたのに、若い子だと半年で決めるんですね」「やっと結婚決断したかと思ったら、やっぱりデキ婚かよ」など、さまざまな切り口から辛辣なコメントが書き込まれている。

「お相手の女性と知り合ったのは後輩芸人がセッティングした福岡での合コンということですが、元カノからすれば合コンに行っているヒマがあるのなら今回スピード婚を決めたその決断力を見せてほしかったところでしょうね。しかもついに結婚を決意したかと思えば、デキ婚。自分の意志で結婚に踏み出せないのはスキがあれば、まだまだ遊びたいという思いが強いからなんでしょうが、奥様の妊娠中にゲス不貞なんてことはないように気を付けてほしいものですね」(エンタメ誌ライター)

 斎藤の元カノにはこんな男と結婚しなくてよかったとポジティブに考えて、幸せをつかみ取ってほしいものだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?