政治

豊田真由子の「プロデュース」にあの上西小百合の元秘書が名乗り

 17年6月発売の「週刊新潮」で、元秘書の男性への度重なる暴言・暴行を告発された豊田真由子前衆院議員(43)。

「このハゲーッ!」

 こんな不適切発言で自民党離党を余儀なくされ、無所属で挑んだ17年10月の総選挙では、埼玉県第4区において立候補者5人中最下位で落選という憂き目にあった。

 選挙後、公式サイトに掲載した「お詫び」の中で、

〈生まれ変わる決意で、懸命に再生してまいりたいと思います。地元のため国のため、身を粉にして働くことで、償いと責任を果たしてまいります〉

 と、将来的な政界復帰にも含みを持たせていた豊田氏。その近況を探るべく、記者は埼玉県新座市にある事務所を訪ねた。しかし、本人は不在。事務所スタッフに話を聞いても、

「豊田は事務所には来ておらず、連絡も取っていない」

 と、にべもなかった。

 17年12月1日に発表された「2017ユーキャン新語・流行語大賞」に、「ちーがーうーだーろー!」がノミネートされた豊田氏。期待された授賞式への出席はかなわなかったが、その“タレント性”と知名度は抜群だ。

 芸能記者が言う。

「あの強烈なキャラクターは“テレビ映え”すると、獲得を狙っている事務所は少なくない」

 週刊アサヒ芸能としても豊田氏はノドから手が出るほど欲しい逸材。先のスタッフを通して「コラム執筆」を依頼してみたが、締め切りまでに回答は得られなかった。

「いまだに豊田氏とつながりのある人間はいません。最近の動向? 噂すら聞きません」(政治部記者)

 そんな中、豊田氏と頻繁に連絡を取っているという人間に接触できた。上西小百合前衆院議員(34)の元公設秘書で、イベントプロモーターの笹原雄一氏だ。当人に話を聞くと、

「確かに、今後の活動について話し合いを進めている最中です」

 上西氏と同様に「芸能界進出」を目指すと思いきや、こう否定するのだった。

「上西のようにタレントとして売り出すつもりはありません。あくまで政治家として再スタートを切る予定です。地盤とする埼玉で、地道に国政報告会などを行っていきたいと考えています」

 異色タッグで政界復帰を果たせるか!?

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
4
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
5
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?