政治

衆院山口2区補選で地元県議が憤る「選挙をナメている」という岸信夫の後継長男

 岸田文雄首相の今後の政権運営にとって重要な衆参五補欠選挙が、4月23日に投開票される。ここにきて「自民党安泰」とみられてきた衆院山口の2つの選挙のうち、山口2区が危ういとの情報が出てきて、官邸を慌てさせているのだ。

 自民党が行った調査では、岸信夫元防衛相の長男・岸信千世氏が、無所属で出馬する平岡秀夫元法相に対し、わずか5ポイント差に迫られているという。官邸関係者が事情を明かす。

「5選挙区のうち山口2区と4区、それに自民党が強い和歌山1区の3選挙区で勝ち、野党が強い参院大分選挙区と、自民党議員が不祥事で辞職した千葉5区の劣勢を挽回して、少なくとも4つは欲しいと、岸田首相の周辺は皮算用をしてきました」

 岸田首相のウクライナ電撃訪問、日韓関係の改善などで内閣支持率が上昇しているのと合わせ、4つ以上勝てば、5月の先進7カ国首脳会議(広島サミット)でさらに勢いをつけての会期末解散も、選択肢として浮上してくる。

 ところが、この皮算用を根底から崩す「山口2区危うし」との情報が、官邸に入ってきたのだ。信千世氏は病気のため2月に議員辞職した父・信夫氏、そして昨年7月に暗殺された伯父の安倍晋三元首相の思いを背負って出馬しただけに、勝利は確実とみられていた。

「その安心感が陣営に緩みを生じている。候補者本人も事務所も、選挙をナメているからだ」

 と憤るのは、自民党の山口県議だ。対抗馬の平岡氏は補欠選挙も含めれば過去4回、山口2区で勝利した実績があり、加えて知名度もある。

「楽勝ムードが先行しすぎたが、相手を見れば簡単ではないことはわかっていたはずだ」(前出・山口県議)

 岸氏が所属する安倍派の取り組みにも問題がある、と語るのは安倍派の若手議員だ。

「安倍派では所属議員らが自発的に選挙区に応援に入っているが、派としての応援態勢がとられていない。安倍元首相の時は求心力があったが、会長不在となってからは、派閥として機能していない」

 安倍派では高木毅国対委員長が事務総長を務めるが、

「国対の宴席では『おらが大将』とばかりに仕切りたがるが、選挙では応援の割り振りもせず、マネージメント能力が欠如している」

 そう言って、先の安倍派若手議員は問題視するのだ。

 最終的に陣営が引き締まれば大丈夫だろうとみられてはいるが、仮に負けるようなことになれば、岸田政権に与える打撃は大きい。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道