芸能

田代まさし 薬物共犯女性との「再婚説」を本人に直撃

 さる知人が明かす。

「仲間内でヤッバイぞ~って言ってたんだよ。初めに噂を聞いたのは8月頃だったかな。マーシーにオンナができたってさ。しかも、相手は一緒にクスリで捕まったのと同じだっていうから、再婚するってなりゃ元の木阿弥だろう」

 2010年に3度目の逮捕となった田代まさし(62)。その後、二度目のムショ暮らしは3年余りとなったが、14年に出所してからは薬物更生施設DARCに通う日々を送っている。更生施設関係者がコッソリ打ち明ける。

「出所直後は千葉や北海道など人里離れた治療施設に身を隠していたこともあったが、現在は都内に居住し、講演などイベントがある時以外は施設に通っています。以前は打ち解けた様子ではなかったが、最近はだいぶ落ち着いてきたのか、暮れのクリスマス会の余興では施設仲間とともに、かつての歌手として活動していた頃のように、顔を黒塗りしてクリスマスソングを披露してくれました」

 同施設には昨年、危険ドラッグ使用・所持で再逮捕された酒井法子の元夫・高相祐一氏も新たに加わったという。施設に通う患者たちは、毎日午前と午後にグループミーティングへの参加が義務となるが、田代も今年から参加している。参加者の一人が最近の田代の様子を明かす。

「ミーティングでは一人ずつ順繰りに話をするんだけど、マーシーの話はいつもバカ話ばかりだから他の患者より断然おもしろいんだよ。2~3週前には、引っ越しの準備をしてたら長嶋茂雄のサイン入りジャンパーが出てきたとか言ってたよ。あと志村けんの留守電はキョンキョンの声だとか教えてくれた」

 ふだんの会話にも得意のダジャレまで飛び出すというから、回復は順調のようだ。

「相手が誰かはわからないが、最近、女から金を無心されているとも話してたよ。もっとも、マーシーは施設のスタッフとして給料をもらっているけど、せいぜい15万~16万円。自分の生活だけで、とても女にあげる余裕はないと思うけどね」(前出・参加者)

 10年の逮捕時に一緒に逮捕された当時の交際相手とヨリが戻ったとなれば、スワッ一大事。そこで田代本人を直撃すると、

「いろんな人から言われるけど勘弁して。やっと前の奥さんと会えるようになったんだから」

 と復縁を否定。再び知人が心配げに語る。

「何度も失敗を見ているけど順調に回復してそうに見えても、どんなきっかけで元に戻るかわからないのがドラッグの本当に怖いところなんだ」

 耳にタコ、この言葉が田代に届くことを切に願う。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
2
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由