芸能

田代まさし 薬物共犯女性との「再婚説」を本人に直撃

 さる知人が明かす。

「仲間内でヤッバイぞ~って言ってたんだよ。初めに噂を聞いたのは8月頃だったかな。マーシーにオンナができたってさ。しかも、相手は一緒にクスリで捕まったのと同じだっていうから、再婚するってなりゃ元の木阿弥だろう」

 2010年に3度目の逮捕となった田代まさし(62)。その後、二度目のムショ暮らしは3年余りとなったが、14年に出所してからは薬物更生施設DARCに通う日々を送っている。更生施設関係者がコッソリ打ち明ける。

「出所直後は千葉や北海道など人里離れた治療施設に身を隠していたこともあったが、現在は都内に居住し、講演などイベントがある時以外は施設に通っています。以前は打ち解けた様子ではなかったが、最近はだいぶ落ち着いてきたのか、暮れのクリスマス会の余興では施設仲間とともに、かつての歌手として活動していた頃のように、顔を黒塗りしてクリスマスソングを披露してくれました」

 同施設には昨年、危険ドラッグ使用・所持で再逮捕された酒井法子の元夫・高相祐一氏も新たに加わったという。施設に通う患者たちは、毎日午前と午後にグループミーティングへの参加が義務となるが、田代も今年から参加している。参加者の一人が最近の田代の様子を明かす。

「ミーティングでは一人ずつ順繰りに話をするんだけど、マーシーの話はいつもバカ話ばかりだから他の患者より断然おもしろいんだよ。2~3週前には、引っ越しの準備をしてたら長嶋茂雄のサイン入りジャンパーが出てきたとか言ってたよ。あと志村けんの留守電はキョンキョンの声だとか教えてくれた」

 ふだんの会話にも得意のダジャレまで飛び出すというから、回復は順調のようだ。

「相手が誰かはわからないが、最近、女から金を無心されているとも話してたよ。もっとも、マーシーは施設のスタッフとして給料をもらっているけど、せいぜい15万~16万円。自分の生活だけで、とても女にあげる余裕はないと思うけどね」(前出・参加者)

 10年の逮捕時に一緒に逮捕された当時の交際相手とヨリが戻ったとなれば、スワッ一大事。そこで田代本人を直撃すると、

「いろんな人から言われるけど勘弁して。やっと前の奥さんと会えるようになったんだから」

 と復縁を否定。再び知人が心配げに語る。

「何度も失敗を見ているけど順調に回復してそうに見えても、どんなきっかけで元に戻るかわからないのがドラッグの本当に怖いところなんだ」

 耳にタコ、この言葉が田代に届くことを切に願う。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”