芸能

さんまが吐露した“お蔵入り”企画ドラマ再始動までの「複雑胸中」

 明石家さんまが企画・プロデュースを担当したオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」が、1月6日に撮影を開始した。同日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS)で、自ら報告した。同ドラマは、昨年7月、Netflixで世界190カ国配信予定の大作だった。だが、さんま役を演じた小出恵介が未成年女性との飲酒と淫行騒動の不祥事を起こしたことが発覚、“お蔵入り”となっていた。小出は大阪府青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検。昨年12月21日、不起訴処分となったことを所属事務所が発表している。

「新たにさんま役には玉山鉄二が決定、ジミー大西役の中尾明慶らが再び集まって、撮り直すこととなっていたんです。昨年12月24日放送の『明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2017』(フジテレビ系)で、さんまはドラマが飛んでしまったショックを語り、『オレ、実はほんま一番不幸やったんけどね』とボヤく場面が見られた。事件当時は、やはり相当ショックを受けたようですね」(芸能ライター)

 ラジオでは、さんまは何回か撮影現場に足を運び、出演者を激励したことを明かしたが、その口ぶりは決して明るいものではなかった。「同じことをやるのかって。前は、ムダなことをやってしもたから。また同じことをやるのかって思うと、どうしよう!?とは思ってるんですけど」とも打ち明けたものだ。

「思い入れのある作品、理想的なキャスティング、万難を排して臨んだプロデュース作だったのが、とんでもないケチがついたわけですから。自分の落ち度ならあきらめもつくが、そうじゃない。いかんともしがたい感情にさいなまれていることでしょう。一方、撮り直しの張本人・小出は、賠償金支払いのため、所属事務所から専属契約を打ち切られないままで、無期限活動停止中ですが、小豆島で修行するなど、復帰に向けて着々と準備中とか。まずはさんまに頭を下げないと話は始まらないでしょう」(スポーツ紙記者)

 お笑い界の重鎮・さんまの怒りを解くのは大変そうだが…。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策