芸能

太川&蛭子コンビ復活か!?「バス旅」旧シリーズ一挙放送でファン騒然

 昨年大みそかの「第50回年忘れにっぽんの歌」が民放では2番めとなる視聴率8.4%を記録。「池の水ぜんぶ抜く」や「家、ついて行ってイイですか?」など人気企画を次々と世に送り出し、絶好調のテレビ東京。そんな中、唯一パッとしないのがかつての花形番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」だ。

 太川陽介と蛭子能収の名コンビは昨年1月放送の第25回を最後に卒業。3月からは田中要次と羽田圭介のコンビで「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」としてスタートした。

「田中と羽田のコンビは昨年12月の放送で4回目を迎えましたが、評判はいまひとつ。視聴率も2回めまでは7%代と低迷しています。今は9%代まで回復しましたが、内容の方はあまり評価されていません。そのため、常に太川と蛭子のコンビ復活が噂されています。昨年夏の時点では、テレ東は現コンビで続けていくという方針を打ち出していましたが…」(テレビ誌ライター)

 だが、ここに来てテレ東も復帰に向けて動き出したのではないかと、ファンの間で評判になっているのだ。その理由をバス旅ファンでもある、前出のテレビ誌ライターはこう解説する。

「バス旅は再放送でもかなり視聴率を獲得します。そのため、しばしば再放送されてきました。ところが、新コンビに変わった昨年3月以降、旧シリーズは1度も放送されなかったんです。田中と羽田のコンビを定着させるため、あえてしなかったのだと思います。また旧コンビと比較されるのを嫌ったのでしょう。ところが、年初に太川と蛭子のシリーズを2回分、ついに再放送したんです。これは旧コンビ復帰に向けて視聴者の反応をうかがったと見るのが正解でしょう。観測気球を打ち上げたのだと見られています」

 再放送されたのは1月2日。森尾由美と共に北海道の洞爺湖から知床羅臼に向かった第20回と、新田恵利をマドンナに迎え福島・会津若松から秋田の由利本荘を目指した第25回が一挙に放送された。この回を選んだことにも意味があるという。

「第25回は旧コンビの最終回ですが、失敗に終わりました。これを放送したということは、無念の思いを晴らすチャンスを2人に与えたいというテレ東の意志なのではないでしょうか。第20回は苫小牧でふらりと入った喫茶店が、実は太川がアイドルだった頃にやはり旅の途中で訪れたお店であるとわかる一幕がありました。ルイルイが生粋の旅好きであるということがわかった“神回”なんです。これは『旅人・太川陽介の魅力を再認識してほしい』というテレ東の隠されたメッセージであるとファンは捉えています」(前出・テレビ誌ライター)

 太川と蛭子の掛け合いをファンは今も望んでいる。その願いが叶う日はそう遠くないのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
2
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
森七菜、髪型イメチェンで「完全に広瀬すず化!」ファンがザワザワ
5
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?