芸能

広瀬すずも危ない?1月期ドラマに忍び寄るインフルエンザの恐怖!

 全国各地でインフルエンザが猛威を振るっている。厚生労働省は1月10日、全47都道府県においてインフルエンザの発生数が増えたと発表。国立感染症研究所によると山形を除く46の都道府県で、警報もしくは注意報が発令されているという。この蔓延がエンタメ業界にも大きく影響しているというのだ。

「横浜DeNAベイスターズでは、新人合同自主トレに参加していた選手がA型を発症したため、11日に開催されるプロ野球の新人選手研修会で新人選手10人全員の参加を中止すると発表。アイドルグループ『転校少女歌撃団』ではメンバー7人中4人が発症または感染の疑いにより、11日に予定していた定期公演を中止しました。野球選手やアイドルは集団行動を余儀なくされるため、今後も同様のケースが増える可能性もあります」(週刊誌記者)

 インフルエンザに感染した子供の場合、学校保健安全法の定めにより発症から5日、かつ解熱後2日を経過するまでの間、登校が停止される。だが大人には法的指針はないため、感染中にも職場に行くケースは少なくない。それがこの1月期のドラマに悪影響を及ぼすかもしれないというのである。

「今クールは広瀬すず主演の『anone』(日本テレビ系)や芳根京子主演の『海月姫』(フジテレビ系)、そして木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)といった話題作が目白押し。もしその主役たちがインフルエンザに感染しようものなら、脚本の大幅な書き直しは必至でしょう。12月28日の『日刊スポーツ映画大賞』では竹内涼真がインフルエンザ感染で欠席したばかり。10月期の出演ドラマ『陸王』(TBS系)への影響はなかったようですが、タイミング次第では竹内抜きの最終回になっていた恐れもあったわけです」(テレビ誌ライター)

 もし今期のドラマで「この展開、不自然じゃないか?」という場面があったら、主要キャストにインフルエンザ感染者が出た可能性を疑ってみるべきなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」