芸能

アラフィフ独身の男心!?ナイナイ岡村、「初めての美容整形」を大満足告白

 1月11日放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、岡村隆史が“初美容整形”したことを明かした。

「女性スタイリストと2人で韓国を訪問し、短時間、格安でできると聞いて即決。手術そのものは、ものの5分で終わり、費用も50万ウォン(約50000円)とお手頃価格。手術前に患部に麻酔クリームを塗って30分待った後、気になる顔のシミ2カ所を取ってもらったそうだ」(ネットライター)

 拍子抜けするほどすぐ終わった手術後は、紫外線予防のテープを1~2週間貼るだけでOKのお手軽さで、岡村もびっくり。「怖いですよね。こんなん一回やってもうたらさ、『もっとキレイになってやろうかしら』って思ってまうよね」と本音をぶつけた。もっかの楽しみは鏡を見ることで、「朝起きて、シミがどうなってるのか」興味津々だという。大人の夜のサービスをする店と比較する形で、その種の店に「初めて行ったんと同じような、怖いっていうか、ドキドキする」感じを楽しんでいるそうだ。5年前に、あるグラドルが整形を告白したことに際して、拒否反応を示すなど「整形嫌い」だった岡村。だが、痛くもなく値段も安くスムーズにできると絶賛しまくった。不思議なのは、わざわざカミングアウトしたこと。これについては、芸能ライターが推測する。

「お笑い芸人だけにすべてがネタなんだと思います。いくら秘密にしていても人の口に戸は立てられない。どこからかバレます。岡村の場合は、これまで薄毛治療や、ひげのレーザー脱毛など内緒にしたいことがすべてバレバレになった過去がある。それで率先して自分から告白したんじゃないですか」

 気分は「このままいくと、卵みたいに(ツルツルに)なるかもわからない」とアゲアゲで、やみつきになりそうな岡村。アラフィフ独身、いよいよ切羽詰まっているようにも見えるが…。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴