芸能

ももクロ有安杏果の卒業で「モノノフ」が大量“他界”して欅坂に流れる!?

 1月21日のライブをもって、ももいろクローバーZを卒業した有安杏果。日本武道館でソロライブができるほどの人気を誇っていた彼女がいなくなることで、“モノノフ”と呼ばれるももクロファンの間にも大きな動揺が広がっているという。

「ツイッターの検索窓にモノノフと入力すると、検索候補として『モノノフ 卒業』や『モノノフ 他界』が表示される状況です。ここでいう“他界”とは、ファンを辞めることを示すオタク用語。どうやら有安のファンが離脱するだけではなく、5人そろってこそのももクロに魅力を感じていたファンも、ももクロに見切りをつけ始めているようです」(アイドル誌ライター)

 その元モノノフたちはアイドルファンを辞めてしまうのか。答えは否かもしれない。実は有安の卒業ライブが行われた千葉・幕張メッセでは、同じ日に欅坂46の握手会も開催されており、海浜幕張駅から幕張メッセ周辺にかけてはモノノフと欅坂ファンがごちゃ混ぜになっていた。そして、その場で欅坂に興味を示し始めるモノノフが少なくなかったというのである。

「5月に10周年を迎えるももクロは、最年少の佐々木彩夏ですら21歳と、今やけっこう大人なグループとなっています。それに対して欅坂46は21名中、過半数の11人が十代で、写真集がバカ売れしている長濱ねるもまだ19歳。センターの平手友梨奈に至っては16歳の高一です。そしてルックスは美人ぞろいですから、モノノフの中には自分が応援し始めたころのももクロを思い出し、欅坂に乗り換える動きがあるようなのです」(前出・アイドル誌ライター)

 ももクロもデビュー当初は「いま会えるアイドル」を標榜していたが、現在は握手会などの接触イベントを封印。それに対して握手会を活動の軸に据えている欅坂はまさに「いま会えるアイドル」そのものだ。この調子では今後も、他界するモノノフが続出するのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
新庄剛志監督の期待値が下がる日本ハム・清宮幸太郎の今オフ「トレードか現役ドラフト」移籍話
5
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」