スポーツ

清宮幸太郎“新人合同自主トレ”「アホバカ狂騒曲」(1)“神対応”で即席のサイン会

 今シーズン最注目のスーパールーキーが、ついにプロとして始動した。日本ハムが「新人合同自主トレ」を行う千葉・鎌ケ谷は、例によって大騒ぎ。ファン、報道陣でゴッタ返す中、怪物に密着した。

 東京都心から北東に約25キロ。梨畑と住宅に囲まれた鎌ケ谷市のグラウンドでは、早くも“清宮狂騒曲”が始まっている。

 1月9日からスタートした新人合同自主トレは、球団の配慮で内野席が無料開放。早実の先輩・斎藤佑樹が入団した2011年以来の措置だが、この対応は正解だったと言えるだろう。なにしろ、内野席は平日でも、清宮幸太郎(18)目当てのファンでほぼ満員という日が続いているのだ。

 初日には、すでに練習を終えた清宮が球場に併設された選手寮に引き揚げてきた時、寮の前に数十人が陣取り、「サインください!」「清宮を出せ!」と声を荒らげる一幕もあった。

 球団職員が話し合いに応じたが、1時間以上も押し問答を繰り返す始末。最終的には帰って行ったものの、去り際、寮に向かって「清宮、死ね!」などと常軌を逸した言葉を投げかけるヤカラまで出現したのだ。

「お宝サインを入手して高値で転売することが目的の集団かとも思われましたが、どうやら、そうではないようです。もともと日ハムファンの中に、フーリガンのような熱狂的すぎるファンもいて、これまでも暴走することがあった。北海道の富裕層が中心のようなのですが‥‥」(球団関係者)

 一部の大人が醜態をさらす一方で、まだ高校も卒業していない清宮は“神対応”を見せる。自主トレ2日目の練習後、本人の希望で即席のサイン会が開催された。最初こそ大勢のファンに多少面食らった様子だったが、約50メートルの長蛇の列を作った総勢200人のファンひとりひとりに対し丁寧にサインに応じたのだ。

「水を向けたわけではないのですが、前日の様子を知って何かを感じたのか、自分から『やる』と言いだした。こちらとしては助かりました」(前出・球団関係者)

 殺到するのはファンばかりではない。スポーツ記者以外の報道陣も清宮フィーバーを取材しようと大集結。球団側もその対応に少なからずピリピリムードだったが、図らずも記者も、その渦中に飛び込んでしまった。NPB(日本野球機構)が発行する取材証を持たない雑誌媒体の記者は、球場で受付を済ませて当日限りの取材証を発行してもらうのが一般的な慣行だ。記者もそれに従って取材証を受け取り、さっそく取材を始めたのだが‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日