社会

眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」

 よくできたおとぎ話のように、「ロイヤル・プリンセス」をみごとに射止めた「海の王子」。だが、突如として浮上した借金トラブル醜聞が引き起こしたのは、ふたりのウエディングの延期だけにとどまらなかった。その水面下では、皇室と政界を巻き込んだ、ある大きな“意思”がうごめいていたというのだ。

「本日、天皇陛下のお許しをいただき、婚約が内定したことをまことにうれしく思っております。(中略)天皇皇后両陛下よりは、たいへん温かく、心のこもったお言葉をいただきましたが、そのお言葉は私の心のうちに大切にとどめておきたく存じます」

 昨年9月3日に開かれた小室圭さん(26)との婚約内定会見で、秋篠宮家の長女、眞子さま(26)はこう語り、幸せな心境を明かした。

 しかし、わずか3カ月後、祝賀ムードに水を差す醜聞が「週刊女性」(12月12日発売号)に掲載される。

 記事内容はこうだ。小室さんの実母が元婚約者の男性と金銭トラブルを抱えているという。眞子さまと小室さんの“出会いの場”になったICU(国際基督教大学)の学費や留学の費用、生活費などが積もり積もって借金総額は400万円を超えたにもかかわらず、小室さん母子は返却の意思をまったく見せないと──。

 皇室担当記者が語る。

「報道を受け、年末から年明けにかけて、秋篠宮ご夫妻や眞子さまが御所をお訪ねになる回数が増えました。恐らく、報道についての説明に上がっていたのでしょう。ただ、この段階では、婚約の延期などはまったく話に上っていなかったはず。少なくとも、宮内庁には伝わってきていませんでした。なぜなら、3月4日には結納に当たる『納采の儀』が控えており、宮内庁は一般人の記帳などを含めた儀式の準備を滞りなく進めていたからです」

 ところが追い打ちをかけるように、1月25日発売の「週刊文春」「週刊新潮」両誌が同時に、一連の騒動の詳細をさらに掘り下げた記事を掲載。前出の皇室担当記者は、そこに致命的な“一文”があった、と語る。

「それは、元婚約者男性が母子に返済を迫った際、圭さんが『返すというか、もともと贈与を受けたものだと認識している』と答えたというものでした。記事を読んだ、ある宮内庁関係者は『これはもう母親だけの問題じゃなくて本人の話だろう。許さん、破談だ!』と激怒していました」

 そうして今月6日、眞子さまが宮内庁を通し、“お気持ち”を公表。婚約、結婚に関する儀式が20年まで延期されることが明らかになった。

「同2日の夕方に、秋篠宮ご夫妻が御所をお訪ねになっているので、眞子さまのコメントの準備期間なども考えて、この時に両陛下にお伝えになられたのだと思います。一度お許しになられたご婚約、ご結婚が延期ということで両陛下の心痛はいかばかりか、お察しするほかありません」(前出・皇室担当記者)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!