スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「末脚に磨きグランシルクが穴」

 伝統ある中山記念が今週のメイン。昨年からGIに昇格した大阪杯(旧・産経大阪杯)の前哨戦(勝ち馬に優先出走権が与えられる)になり、この時期の中距離戦としてより厚みを増した感のある重賞となったが、今年の顔ぶれも実に多彩だ。

 特徴的なのは、牝馬の参戦。路線の違いから牝馬の出走はきわめて少なく、過去20年を振り返ってみても連に絡んだのはヌーヴォレコルトのみ(15年1着)。なのに今回は、ヴィブロスアエロリットと2頭の女傑が出走してくる。ともにGI勝ち馬で、能力からチャンスは大いにあっていい。

 昨今はそれだけ女丈夫が多くなったということでもあるが、この両馬の参戦はレースに華を添えるだけでなく、より高い価値を伝統あるこの一戦に与えたと言ってよく、ますます熱のこもったファン必見の競馬になっていくことだろう。

 馬券的にはどうだろう。別定戦だけに大きく荒れることはマレだ。

 馬単導入後、これまでの15年間、その馬単で万馬券になったのは3回(馬連2回)。1番人気馬は5勝(2着1回)、2番人気馬は3勝(2着2回)。1、2番人気ともに連対を外したのは4回のみと、まずは本命サイドで決まることが多く、力量馬は、それなりの結果を出してくれるということだ。

 が、そうは言うものの、まだ冬の気配は抜けきれておらず、汗をかきづらい時期だけに、調整はままならない。力量馬でも重め残りの状態で出走してくるケースは少なくなく、仕上がりがどの程度か、しっかりと見極めることが馬券戦術としては重要だろう。前述した牝馬2頭も、ともに今季初戦で、休み明けであることは留意すべきだ。

 年齢的には、充実著しい5歳、6歳馬の活躍が目立つが、それでも勢いを増す明け4歳馬も負けてはおらず、データからは互角に渡り合えることを証明している。

 また、峠を越えたと見られる7歳、8歳以上馬の古豪を軽視するのは禁物だ。今回でいえば、7歳馬がサクラアンプルールとショウナンバッハ。引退も近いと言われる9歳馬ディサイファだが、近走を振り返ってみても衰えたとは言い切れず、追い切りのよしあしの判断と、厩舎のコメントはしっかりと吟味する必要がある。

 さて有力どころは、牝馬2頭を含め、今年の活躍が期待されるペルシアンナイト、ウインブライト、マイネルハニーといったところだが、冷静に見て出走各馬に大きな開きがあるとは思いがたい。ならば前述したように、仕上がり状態のよしあしが決め手になりそうだ。

 中でも特に状態がよく映るのは、グランシルクだ。こちらは人気、評価がイマイチ。穴党には持ってこいの存在である。

 この馬も休み明け。3カ月ちょいぶりの一戦になるため、簡単には手を出せないだろう。

 しかし、鉄砲駆けには定評があり、前走直後からここを目標に据えて、まずはリフレッシュを目的に放牧。牧場でしっかりと乗り込まれ、帰厩後もハードに調教を積まれてきた。1週前の追い切りも文句なしだった。

「ここにきて、よりたくましくなった印象。重め感なく仕上がっており、この相手でもそう差はないはず」

 厩舎関係者はこう口をそろえ、ヤル気をにじませる。

 ベストはマイル戦で、春の大目標はGI安田記念ではあるが、折り合いに難がある馬ではなく、1800メートルの距離でも何の問題もない。一戦ごとに末脚に磨きがかかっており、良馬場条件に大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂上忍、「バイキング終了」とともに「“芸能界引退”を決意」している!?
2
重本ことりの「肉体の友」だった? AAA浦田直也、逮捕で“あの疑惑”の対象に!
3
土田晃之、ドヤ顔「日本サッカーを作ったのはセルジオ越後」に大ブーイング
4
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(1)妊活中の2人の様子
5
寝坊した日も愛し合ってた!? TBS古谷有美の熱愛報道にファンが「勝手な憶測」