スポーツ

「五輪連覇」!!羽生結弦が描く“前人未到の目標”とは?

 ケガが完治していない中、完璧に近い演技で金メダルを獲得したフィギュアスケートの羽生結弦選手。その後の記者会見ではトリプルアクセルへの思いとともに、さらに大きな目標を掲げて話題となった。

「いつもの羽生選手なら、細かいジャンプの乱れがあっただけでも満足することはありません。しかし、今回は演技終了直後に納得の様子でしたからね。それだけ羽生選手がギリギリの状態で試合に臨んだということでしょう。今季、来季どうするかは足次第でしょうが、子どもの頃からの夢である四回転アクセルを跳びたいというコメントに、まだまだ一緒に夢を見続けられると歓喜したファンも多いのではないでしょうか」(スポーツライター)

 前人未到の四回転アクセルの世界。五輪を連覇した羽生選手にしか口にできない、途方もない目標のように思えるが…。

「ブライアン・オーサーコーチが海外のメディアに尋ねられた際『彼ならできないことではない。可能なこと』と答えています。実際に昨年の夏、ハーネスをつけて練習していたことを明かしました。これは体を吊ってジャンプの跳び上がりや方向、着地の補助を行いながら感覚をつかむための練習で、オーサーによると羽生選手はすでに何回かハーネスの担当が力を入れなくてもアクセルジャンプに成功したことがあるというのです」(前出・スポーツライター)

 もちろん、ハーネスで跳べたからといってすぐにモノにできるわけではないが、着実に成功への歩みを進めているといえよう。

 今はただ「夢物語」として聞いている私たちを、アッと言わせてくれる日が来るのは、そう遠くないのかもしれない。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”