スポーツ

松坂大輔がフリー打撃登板!少なくとも「メンタルは怪物級」を証明

 視界には球界版「アウトレイジ」の面々?──物怖じせずに投げる様は、まさに“怪物”の面目躍如だ。

 2月21日、沖縄北谷キャンプで松坂大輔がフリー打撃に登板。今年から選手会長を務める福田永将、昨シーズン新人王の京田陽太と合わせて45球、対戦した。

「松坂が投げるとあって、バックネット裏に関係者の人だかりができました。その顔ぶれは取材で来ている元ヤクルトの古田敦也氏、元広島の前田智徳氏、御年92歳のフォークの神様・杉下茂氏、そして新外国人のアルモンテらです。さらにスタンドには、元中日の立浪和義もいましたが、ズラリと並ぶ姿は、まるでコワモテ集団。そこに向かって、平然と投げ続けたのだから、その強心臓は怪物のソレと言っていいでしょう」(スポーツライター)

 キャンプでは好調を維持し、バットが振れていると好評価の福田に対しては22球を投じ、柵越え1発を許すもスライダーで空振りを奪っている。次の京田に対しては、ヒット性2本。最後に投じた139キロのど真ん中は右中間スタンドに運ばれるも、打った京田が「松坂さんの優しさでしょう。期待に応えられてよかった」とコメントした。

「ストレートは最速141キロと、まずまずですが、変化球を織り交ぜての投球は見応えがありました。カーブや特にスライダーのキレは全盛期を彷彿とさせるものでしたし、その後、ブルペンで19球投げたうえで『意外とまとまっていた。変化球はゲームに入っても問題ない』と本人がコメントを残しているように、ソフトバンクでの3年間がウソのような順調な仕上がり」(前出・スポーツライター)

 これは、「怪物復活」を期待していいのだろうか…。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!