スポーツ

“艶”場面続出な平昌五輪「驚いた全シーン」(3)日本中を釘付けにしたカーリング娘たち

 今大会で躍進した「カーリング娘」も、裏方に回った本橋麻里(31)をはじめ、チームの司令塔としてスキップを務める藤澤五月(26)など金メダル級のフェロモンを振りまいていた。

 現地で観戦した男性会社員は興奮を隠さない。

「衣装は特に飾り気のない単なる黒のスラックスに見えるのですが、鍛え上げられた太腿がピチピチで、ラインに食い込む様子がバッチリ見えた。おやつを食べる『もぐもぐタイム』もほおばる口元が扇情的に思えて、思わず想像してしまいました」

 J:COMで今大会の中継MCを務めた浅田舞(29)も、1月30日に都内で行われた制作発表会に登場すると、カー娘ばりに取材していた記者たちを悩殺した。

「エメラルドグリーンのワンピース姿で、凹凸ボディーラインがくっきり目立っていました。彼女はカー娘・藤澤から直々に『コツを教わった』としてブラシで氷をこする動きを実演したんですが、その姿がまさに圧巻。動くたびに推定Fカップのバストがユサユサと揺れまくったんです。カメラマンたちはシャッターチャンスとばかりに連写し続けていましたが、彼女はまるで挑発するかのように笑みを浮かべて、ブラシを動かし続けた。男たちの目を釘づけにしていましたよ」(スポーツ紙記者)

 今大会では、応援に駆けつけた「北朝鮮美女軍団」が話題をさらったのはご承知のとおり。

「軍団のファンと思しき韓国人や各国の野次馬たちが周囲に集まって、まさにスターのような扱いだった。実は応援席の前列に若いきれいどころを配置しているんですよ。彼女たちは手を振れば笑顔で返してくれて、危ない国といえども同じ人間なんだなと思いました」(五輪担当記者)

 ところで、先の男性会社員が観光気分で現地を散策していると、神聖なスポーツの祭典とは不釣り合いな場所に行き着いたという。

「室内競技場が密集したエリアに近い江陵駅から徒歩1分の場所に廃墟のような地域があったんです。元スナックだったような建物が立ち並んでいて、店の前にはイスが置かれていた。もしやと思ったら‥‥」

 夜半に再び訪れると、中から出てきた中年熟女に声をかけられたとか。大会中は一掃されたと思っていた売春宿がひっそりと営業していたのだ。

「日本円で5000円という安さにビビりましたが、つい中に引き込まれてしまった。出てきたのは下っ腹が出た市原悦子似の50代熟女でしたが、しっかりと日韓の友好を結んできましたよ」(前出・男性会社員)

 平昌五輪は想像以上に熱かったようだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
4
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画