芸能

グラビア美BODY五輪(2)「爆裂バスト部門後編」Hカップの“わちち”がポスト優香に名乗り!

 平昌オリンピックは日本人選手のメダルラッシュに沸いたが、グラビア界に目を向ければ、世界に通じるメダル級の逸材ボディの持ち主は数多い。それぞれの自慢のパーツで争う美BODYの祭典が今、ここに開幕!

 グラビア界のメイン競技でもある「爆裂バスト」部門、惜しくも入賞を逃したものの、観客の視線をクギ付けにしたファンタスティックバストの面々を紹介しよう。(選考は発売中のアサ芸Secret!Vol.50より)

メイリ(154センチ B90・W56・H87)

 アイドルユニット「アフィリア・サーガ」を卒業し、グラドルとして一本立ち。色白美肌なマシュマロIカップという堂々のキャッチ。

わちみなみ(165センチ B94・W60・H87)

 優香を生んだホリプロが久々に手掛ける大型グラドル。そのダイナミックなHカップは、早くも「わちち」の愛称で各誌を席巻中。

岸明日香(158センチ B90・W58・H88)

 女優展開も順調だが、自慢の谷間はCMでも「なでなでして~」とフルオープン。大滑降したくなるツルルンとしたスラロープだ。

宮里ゆりは(160センチ B95・W60・H83)

 純朴な顔立ちだが、バストはドーンとHカップ。しかも、バストだけでなく、カラダのあちこちが艶っぽいというギャップに萌え萌え。

橋本まどか(154センチ B96・W63・H89)

 ぬおおっ、レッドゾーンを飛び出し、ペナルティ寸前のHカップを見よ! 鏡割りの季節が終わっても、まだ残っていたお供え餅!

桐山瑠衣(157センチ B104・W61・H94)

 活動再開後、あどけないフェイスはそのままに、ボディのほうはさらに成長してスーパーヘビー級に。桐山瑠衣なら、それも許される。

結城ちか(153センチ B100・W60・H86)

 まだ成人式が済んだばかりだというのに、自身で芸能プロも経営するマルチ才女。メリハリのあるボディは、近い将来の強化指定選手。

神宮寺かなん(168センチ B90・W60・H93)

14キロのダイエットと育乳マッサージにより、超のつくハイパーボディが完成。活動の拠点は福岡に置いているが、中央進出も必至だ。

夏来唯(160センチ B95・W70・H93)

 人材派遣会社のOLが昨年の12月に初DVDをリリース。キャッチフレーズの「収まりきらないHカップ」で今年の台風の目と呼ばれる存在に躍り出た。これからさらにIカップ、Jカップと進化しそう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大野智、39歳「誕生祭」は国交省も祝福する前代未聞の大盛り上がりだった!
2
深田恭子、加藤綾子…芸能人「いい夫婦の日」に続く年末年始婚ラッシュ予測!
3
大迷惑!「モトカレマニア」出演の矢田亜希子にまで及ぶ沢尻エリカ逮捕“余波”
4
2019年の「やらかし美女」が決定!下腹部見せの不貞女子アナが奇跡の戴冠
5
今回はお預け?氷川きよし、NHK紅白で“キャラ変”披露はナシ説の納得理由