芸能

グラビア美BODY五輪(2)「爆裂バスト部門後編」Hカップの“わちち”がポスト優香に名乗り!

 平昌オリンピックは日本人選手のメダルラッシュに沸いたが、グラビア界に目を向ければ、世界に通じるメダル級の逸材ボディの持ち主は数多い。それぞれの自慢のパーツで争う美BODYの祭典が今、ここに開幕!

 グラビア界のメイン競技でもある「爆裂バスト」部門、惜しくも入賞を逃したものの、観客の視線をクギ付けにしたファンタスティックバストの面々を紹介しよう。(選考は発売中のアサ芸Secret!Vol.50より)

メイリ(154センチ B90・W56・H87)

 アイドルユニット「アフィリア・サーガ」を卒業し、グラドルとして一本立ち。色白美肌なマシュマロIカップという堂々のキャッチ。

わちみなみ(165センチ B94・W60・H87)

 優香を生んだホリプロが久々に手掛ける大型グラドル。そのダイナミックなHカップは、早くも「わちち」の愛称で各誌を席巻中。

岸明日香(158センチ B90・W58・H88)

 女優展開も順調だが、自慢の谷間はCMでも「なでなでして~」とフルオープン。大滑降したくなるツルルンとしたスラロープだ。

宮里ゆりは(160センチ B95・W60・H83)

 純朴な顔立ちだが、バストはドーンとHカップ。しかも、バストだけでなく、カラダのあちこちが艶っぽいというギャップに萌え萌え。

橋本まどか(154センチ B96・W63・H89)

 ぬおおっ、レッドゾーンを飛び出し、ペナルティ寸前のHカップを見よ! 鏡割りの季節が終わっても、まだ残っていたお供え餅!

桐山瑠衣(157センチ B104・W61・H94)

 活動再開後、あどけないフェイスはそのままに、ボディのほうはさらに成長してスーパーヘビー級に。桐山瑠衣なら、それも許される。

結城ちか(153センチ B100・W60・H86)

 まだ成人式が済んだばかりだというのに、自身で芸能プロも経営するマルチ才女。メリハリのあるボディは、近い将来の強化指定選手。

神宮寺かなん(168センチ B90・W60・H93)

14キロのダイエットと育乳マッサージにより、超のつくハイパーボディが完成。活動の拠点は福岡に置いているが、中央進出も必至だ。

夏来唯(160センチ B95・W70・H93)

 人材派遣会社のOLが昨年の12月に初DVDをリリース。キャッチフレーズの「収まりきらないHカップ」で今年の台風の目と呼ばれる存在に躍り出た。これからさらにIカップ、Jカップと進化しそう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?