芸能

ニッポンの「超大作映画」秘史が全部わかる!<直撃3・江口ナオ「マークスの山」「スパイ・ゾルゲ」>

 抜群のスタイルとGカップバストで、グラビアでも活躍する江口ナオ(43)。そんな彼女は、日本を代表する映画監督の大作でも、その肢体を存分に披露していた。

 江口にとっても、日本映画にとってもエポックとなったのが、「マークスの山」(95年、松竹)だ。社会派・崔洋一がメガホンを取り、中井貴一と萩原聖人が主演したサスペンス大作だが、この中で江口は連続殺人の最初の被害者となる暴力団員役・井筒和幸のオンナを演じた。

「最初は私、井筒さんが映画監督だと存じ上げなくて(笑)。そんな私に井筒さんは『こうしたらいいよ』などと、アドバイスしていただいたんです」

 彼女の役柄は単なる情婦ではなく、重度の覚醒剤中毒者。その彼女を確保しに来た警察を相手に、全裸で大立ち回りを演じたのだ。

「脚本では『正気じゃないくらいに暴れる』と書かれていました。だから必死で大暴れして‥‥。刑事が私にパンティをはかせようとするのですが、それを蹴り上げるみたいな」

 実はこの時、全裸で暴れる江口のヘアはバッチリと映り込んでおり、これこそが「日本映画で初めてヘアが見えた作品」とも言われている。

「初のヘアとも言われるのですが、実のところ暴れる演技に必死で(笑)。正直、恥ずかしいとか感じている場合ではなかったですね」

 ヘアも、振り乱すGカップも、当人にとっては芝居でいっぱい──演者とはそういうものなのであろう。

 そんな彼女が作品を見て、「これはすごい」と感じ入ったのが、主演格の名取裕子の“艶技”だった。

「ともかく、大人のオンナの色気というか、エロスというか。当時は私も若かったですから、ただただ、すごいと感心しましたね」

 江口がオンナの色気に悩殺されたシーンは、犯人役の萩原とのカラミだ。

 名取がみずから全裸になり、ベッドで寝ている萩原をむさぼる。さらに騎乗位で愉悦の表情を魅せる名取は、まさにオンナの色気ムンムンであった。

 この他にも白衣でのフェラシーンなどがあり、大胆な濡れ場が多い作品としても話題になったのだ。

 そんな「マークスの山」から9年後、江口が大人のオンナの色気を存分に見せつけたのが「スパイ・ゾルゲ」(03年、東宝)。監督は女性を撮らせたら天下一品の巨匠・篠田正浩である。

「外国人相手の娼婦役だったんです。その当時の時代背景もあって、しゃべり口調をゆっくりとするよう、監督から指示をいただいたのを覚えています。それと娼婦だけに『女性のエロスが大切だ』とも」

 実在したスパイ、リヒャルト・ゾルゲ役を演じたイアン・グレンを相手に、江口の熱演は戦中にふさわしく、昭和モダンの巻き髪とつややかな着物姿での登場から始まる。祖国を裏切るスパイとして葛藤し、涙を流すゾルゲ。そこへ彼女は「どうして泣いてるの?」と諭すように話しかける。

 スルッと脱いだ着物の下は全裸で、Gカップと形のいいお尻がカメラに映り込む。そして、口づけとともに「これからイイ女と寝るというのに‥‥」と言いながら、ベッドに倒れ込むのであった。

「『マークスの山』は、ただ必死でしたけど、さすがに年月を経て、色気を意識した演技を心がけるようになりましたね」

 今がまさに女盛りの江口。今一度、その肢体をスクリーンで観たいと思うファンは多いだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり