芸能

ニッポンの「超大作映画」秘史が全部わかる!<直撃3・江口ナオ「マークスの山」「スパイ・ゾルゲ」>

 抜群のスタイルとGカップバストで、グラビアでも活躍する江口ナオ(43)。そんな彼女は、日本を代表する映画監督の大作でも、その肢体を存分に披露していた。

 江口にとっても、日本映画にとってもエポックとなったのが、「マークスの山」(95年、松竹)だ。社会派・崔洋一がメガホンを取り、中井貴一と萩原聖人が主演したサスペンス大作だが、この中で江口は連続殺人の最初の被害者となる暴力団員役・井筒和幸のオンナを演じた。

「最初は私、井筒さんが映画監督だと存じ上げなくて(笑)。そんな私に井筒さんは『こうしたらいいよ』などと、アドバイスしていただいたんです」

 彼女の役柄は単なる情婦ではなく、重度の覚醒剤中毒者。その彼女を確保しに来た警察を相手に、全裸で大立ち回りを演じたのだ。

「脚本では『正気じゃないくらいに暴れる』と書かれていました。だから必死で大暴れして‥‥。刑事が私にパンティをはかせようとするのですが、それを蹴り上げるみたいな」

 実はこの時、全裸で暴れる江口のヘアはバッチリと映り込んでおり、これこそが「日本映画で初めてヘアが見えた作品」とも言われている。

「初のヘアとも言われるのですが、実のところ暴れる演技に必死で(笑)。正直、恥ずかしいとか感じている場合ではなかったですね」

 ヘアも、振り乱すGカップも、当人にとっては芝居でいっぱい──演者とはそういうものなのであろう。

 そんな彼女が作品を見て、「これはすごい」と感じ入ったのが、主演格の名取裕子の“艶技”だった。

「ともかく、大人のオンナの色気というか、エロスというか。当時は私も若かったですから、ただただ、すごいと感心しましたね」

 江口がオンナの色気に悩殺されたシーンは、犯人役の萩原とのカラミだ。

 名取がみずから全裸になり、ベッドで寝ている萩原をむさぼる。さらに騎乗位で愉悦の表情を魅せる名取は、まさにオンナの色気ムンムンであった。

 この他にも白衣でのフェラシーンなどがあり、大胆な濡れ場が多い作品としても話題になったのだ。

 そんな「マークスの山」から9年後、江口が大人のオンナの色気を存分に見せつけたのが「スパイ・ゾルゲ」(03年、東宝)。監督は女性を撮らせたら天下一品の巨匠・篠田正浩である。

「外国人相手の娼婦役だったんです。その当時の時代背景もあって、しゃべり口調をゆっくりとするよう、監督から指示をいただいたのを覚えています。それと娼婦だけに『女性のエロスが大切だ』とも」

 実在したスパイ、リヒャルト・ゾルゲ役を演じたイアン・グレンを相手に、江口の熱演は戦中にふさわしく、昭和モダンの巻き髪とつややかな着物姿での登場から始まる。祖国を裏切るスパイとして葛藤し、涙を流すゾルゲ。そこへ彼女は「どうして泣いてるの?」と諭すように話しかける。

 スルッと脱いだ着物の下は全裸で、Gカップと形のいいお尻がカメラに映り込む。そして、口づけとともに「これからイイ女と寝るというのに‥‥」と言いながら、ベッドに倒れ込むのであった。

「『マークスの山』は、ただ必死でしたけど、さすがに年月を経て、色気を意識した演技を心がけるようになりましたね」

 今がまさに女盛りの江口。今一度、その肢体をスクリーンで観たいと思うファンは多いだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
あの炎上ワードは口癖?渡部建を接客したホステスが“トイレ秘話”を告白!
3
辻希美、「息子とSLを見にお出かけ」報告にまさかの「撮り鉄以下」批判!?
4
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
5
一時は嵐や瑛人抜き?「有吉の壁」発の2.7次元アイドルの突発人気がスゴいッ