芸能

安達祐実、「捜査一課長」共演で氷解した内藤剛志との“23年不和”疑惑!

 俳優の内藤剛志が主演する刑事ドラマ「警視庁・捜査一課長 season3」(テレビ朝日系)に、女優の安達祐実が刑事役でレギュラー出演する。この組み合わせに往年の大ヒットドラマ「家なき子」(日本テレビ系)を知るファンから驚きの声が上がっているという。

「ドラマ『家なき子』は、1994年に放送され、平均視聴率24.7%、最終回では最高視聴率37.2%を記録したテレビ史にその名を刻む名作です。2人は親子役を演じ、当時12歳だった安達祐実のセリフ『同情するなら金をくれ!』は新語・流行語大賞に選ばれブームを巻き起こしました。その後、映画『家なき子 みなし子すずの哀しい旅』、さらに95年、ドラマ『家なき子2』も制作され、いずれも大ヒットを記録。二人の23年ぶりのレギュラー共演、今から楽しみですね」(エンタメ誌ライター)

 しかしこの2人、あまりに役柄の上で激しいバトルを繰り広げ続けてきたため、実は不仲説まで流れていたのだ。昨年12月にトーク番組「A-Studio」(TBS系)に内藤が出演した際に、安達から「1クール(3カ月)一緒に仕事をするのは無理」と思われていたことを司会の笑福亭鶴瓶から告げられている。はたして、真相はどうなのか。

「実際に、噂は関係者の間では知られていて、2014年に内藤がレギュラー出演するドラマ『科捜研の女』(テレ朝系)に安達がゲスト出演した際、撮影の合間に2人が話していたら、周囲がザワついたという笑い話もあります。あれから時間が経ち、2人はLINEでつながる間柄です。『“家なき子”が代表作と言われるのは嬉しいけど、それを超えるものをやりたいね』と2人で話してきたことも周囲に話しています。内藤にとって安達は、血はつながってないけれども娘のように感じている、役者仲間として貴重な存在なのではないでしょうか」(テレビ関係者)

 安達も今回の共演が決まると「私のお芝居を目の前で見てもらえるチャンスが来たことが純粋に嬉しい」と喜びを露わにしている。昨年は深夜ドラマ「女囚セブン」(テレ朝系)で女囚役、さらに現在放送中の月9ドラマ「海月姫」(フジテレビ系)では“ドールオタク”役と、昨今は様々な役に挑戦している安達。今回のレギュラー共演で、いったい、どんな女刑事役を演じるのか。「家なき子」ファンならずとも見逃せない。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権