エンタメ

藤井聡太六段・「異次元出世」で高校生賞金王になる(3)師弟対決に「上座は譲らない」

 まさに「最強の高校生」となる藤井だが、気になるのがライバルの不在だ。朝日杯の優勝を受けて、永世名人の称号を持つ谷川浩司九段(55)は、

〈20代・30代の棋士に対しては、「君たち、悔しくないのか」と言いたい気持ちもあります〉

 と公式コメントを発表したが、

「言葉を選ばずに言うと、悔しがっている人は少ない。なぜなら、プロ棋士たちはみんな『藤井聡太は別格だ』と認めているからです。将棋における勝敗は、ある種の“強者への信頼”が大きく影響します。例えば『いいか悪いかわからないが、羽生さんが指したからには好手だろう』と考えたり、トップ棋士に対して形勢が悪くなると『挽回は難しい』と諦めることがある。今後は藤井さんに対してもそういう心理が働くことになり、さらに勝ちを重ねていくと思います」(松本氏)

 現在、10代のプロ棋士は藤井ただ一人。プロ予備軍の奨励会「三段リーグ」にも、同年代はほぼいない。

「切磋琢磨して実力を伸ばした『羽生世代』とは異なり、藤井一人が孤高の存在として年上の棋士に立ち向かっていく構図がしばらくは続くはず」(将棋ウオッチャー)

 そうなると藤井の「仮想敵」には、昨年に対将棋プログラムの棋戦・電王戦で佐藤名人を破った「ponanza(ポナンザ)」のようなAIしか思い浮かばない。早稲田大学教授で、コンピュータ将棋協会会長の瀧澤武信氏に話を聞いた。

「コンピュータ将棋は昨年の段階よりもさらに強くなっていて、ほとんど人間が勝負にならない域にあります。100%勝てる、というわけではないのですが、演算能力や体力面で前提条件が違いすぎて、人間対コンピュータの対局にはもはや意味がない、と開発者たちは考えているのが現状ですからね」

 事実、10年から形を変えて続いてきた電王戦は、昨年をもって終了。現在の将棋界に、棋士とAIが対局する大舞台はない。だが、藤井を最も近くで見続けてきた杉本七段は断言する。

「プログラマーの方に聞くと、『AIが将棋の全てを解明したわけではない』とおっしゃっていました。であれば、藤井にも十分勝てる可能性はあると私は思います。本当に対局するとなると、少なくとも数カ月は人間相手の研究をやめて『対コンピュータ』の研究に集中する必要があるので、現実的ではないかもしれませんが‥‥」

 来る3月8日、王将戦一次予選の2回戦で、杉本七段はまな弟子との「公式戦初対決」を迎える。実は約6年の師弟関係において、ハンデなしの「平手戦」での対局は100回に満たないという。

「将棋のタイプが違うこともありましたが、指さなくても藤井は勝手に強くなるので、他の弟子と指すことのほうが多かったです。弟子入りした小学4年生の頃から強かったので、私のトレーニングのためにも指したかったですけれど(笑)」

 藤井の成長を引き出そうと「指導」を兼ねた対局で、杉本七段の勝率は3割未満。特にこの1年はずいぶん負けた、と苦笑する。

「とはいえ、公式戦にはそういう感情は持ち込みません。持ち時間が3時間の長丁場は初めてなので楽しみです。藤井に『段位ではまだこちらが上だから、上座は譲らないから』と言ったら、『わかりました』と笑っていましたね。関西将棋会館での対局で、いつもは前日入りしているのですが、今回は前々日入りする予定です」

 気合い十分の師匠越えで、「高校生賞金王」への道を切り開けるか。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!