コロッケ

芸能

コロッケ、女優デビュー果たす次女に浴びせられた「不条理な洗礼」

ものまね芸で知られるタレントのコロッケの次女・滝川光が5月22日、主演舞台「THEFAT」のゲネプロ&囲み取材に登場し、女優としてのキャリアを歩むうえでの抱負などを語った。美川憲一や近藤真彦など、昭和を彩ったスターの形態模写という斬新な一芸…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

エハラマサヒロ、ものまね特番で優勝も視聴者「強い違和感」のワケ!

そのユーモアはあまり視聴者に届かなかったようだ。モノマネ芸人のエハラマサヒロが11月24日放送のモノマネ特番「日本一のものまね王者が今夜決定!ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスぺシャル」(フジテレビ系)に出演。24組の出…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

敏いとう「俺が見てきた芸能界薬物汚染40年」の闇真相(2)カネを借りに来た美川憲一

美川(憲一)くんなんか、しょっちゅう、俺の自宅兼事務所のマンションに来てたよ。84年頃かな? 要するにカネがないんですよ。いろんなところにカネを借りまくってどうにもならなくなると、俺のところに来るわけ。何度も貸したけど、一度に渡すのは100…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

石坂浩二の「開運!なんでも鑑定団」降板事件はテレビ界の“横暴常識”?

放送23年目を迎える「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)で勃発した「石坂浩二降板事件」。1月下旬、石坂と同番組チーフプロデューサーとの確執が発覚し、同時に「コメントがカットされ続けている」と報じられた。3月末での石坂の降板が発表されたが…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

テリー伊藤対談「コロッケ」(4)続けていく“被災地での活動”

テリーコロッケさんは震災のボランティア活動も続けていますよね。コロッケそうですね。でも、それも大げさなことじゃないんですよ。日本に住んでいる方なら、自分に何ができるのか、誰でも考えることだと思っています。それに、ものまねをやろうと思って行っ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

テリー伊藤対談「コロッケ」(3)芸を始めた初心を忘れたくない

テリー今年は芸能活動の35周年ということで、あらためて節目ですが、何か考えていらっしゃることは?コロッケものまね50人メドレーを違う形でお披露目するのと、あとは新しく「ものまね“楽”語」というのを始めたんですね。テリーものまね落語?コロッケ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

テリー伊藤対談「コロッケ」(2)コロッケさんは“進化する芸”だね

テリー番組の意向と合わないというのは、どういうことだったんですか。コロッケ番組は1つのネタで持ち時間が長くて1分半だった。だけど、僕は3分以上欲しかったんです。僕がロボットをやり始めた時‥‥。テリーあ、五木(ひろし)さんのものまね?コロッケ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

テリー伊藤対談「コロッケ」(1)“ものまね四天王”時代の危機感

●ゲスト:コロッケ1960年生まれ。熊本県出身。80年、NTV「お笑いスター誕生」でデビュー。ものまねレパートリーは300種を超え、ヒップホップダンスとの融合など、ものまね芸の新境地を開拓した。13年3月には松尾芸能賞・演劇優秀賞を受賞。1…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

島倉千代子 コロッケが明かす「お茶目だけど気遣いの人」素顔

肝臓ガンで闘病の果てに天国へ旅立った島倉千代子。結婚、離婚、3度の中絶、15億円超の借金返済、乳ガンと不幸に見舞われながらも、いつも笑顔で、己に厳しい芸の虫を貫いた。昭和の歌姫・島倉の“人生いろいろ”ぶりを、ものまねを通して見続けたコロッケ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

コロッケ、被災者に夢と希望を与えた

では、ものまねの第一人者として、常に後輩に追われる立場でもあるコロッケはどうか。「今、やりたいことがたくさんあって頭の中が膨らみすぎている状態。その中でもすぐやれるものからやっていきたいですね。でも欲張るのもよくない。僕のものまね芸はじっく…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

コロッケ「ものまねはしょせん偽者」

コロッケ自身もものまねをするうえで、対象となる有名人の言葉が、大きな励みになるという。「『ロボットの動きをここまでやって見せるのはエンターテイナーとしてすごい』と五木さんに言っていただいた時はうれしかったですね。北島さんの舞台公演に挨拶に伺…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

コロッケが分析「第3次ものまねブームとは」

第3次ブームを迎え、まさに生き残りを懸け群雄割拠の様相を呈しているものまねタレントたち。しかし、かつての「ものまね四天王」はベテランの域にさしかかった今も新たな可能性を模索している。そこには、ものまねに対する飽くなき情熱がほとばしっている‥…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

コロッケ、2年間の潜伏期間で開眼した新ネタ

みずから「ものまね王座」を降板したコロッケが、2年間の沈黙を破ったのが、94年にスタートした新番組「ものまねバトル」だった。視聴率競争において、フジテレビと首位争いを続けていた日本テレビからコロッケに声がかかり、ついにテレビでの復活のキッカ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

コロッケ「ものまね王座」降板を支えた母の教訓

「ものまねに対する基本的な考え方が違いました。当時、ものまねを見せる持ち時間は一人1分ちょっと。僕の場合、五木ひろしさんなど、大きなネタをやるとどうしても4分はかかってしまう。やりたいことができないもどかしさもあった。当時のプロデューサーに…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
12