殺人事件

社会

東京・中野“劇団美女殺人事件”警察が追う沖縄訛りの男「公園で口論していた男性の存在」

加賀谷さんの周辺には、さらに「謎の男」も登場する。マンション近くの工務店店員によれば、「事件があったあと、ウチに来た運送屋の方が『以前、(加賀谷さんの)部屋に刺青のある男が入っていくのを見た』と話していました」そしてもう1人。加賀谷さん宅に…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

東京・中野“劇団美女殺人事件”警察が追う沖縄訛りの男「男性トラブルの悩みがあった?」

加賀谷さんが劇団仲間と何度か訪れていた都内焼き肉店の店主も言う。「いつも7、8人で来ていました。先輩たちが演劇論を熱心に語るのを真剣に聞いている姿が印象に残っています。酒が入ってもおとなしく、先輩とも仲がよさそうでした」人間関係は良好かと思…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

東京・中野“劇団美女殺人事件”警察が追う沖縄訛りの男「現場の状況とは?」

将来ある劇団女優が自宅で襲われ、遺体で発見。不可解な点がいくつも残る密室殺人の捜査線上には、複数の男が浮上しては消えていった。そんな中、捜査員が注目する「謎の男」を巡って、にわかに新展開を迎えている──。「8月25日夜、ドタドタという音がし…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

大阪府高槻・柏原「中1少年少女殺人事件」容疑者の素顔「過去に犯した類似事件」

山田容疑者は取り調べに対し容疑を否認し、「女の子に声をかけ、車内に連れ込んだのは自分だ。初対面で名前も知らない。その女の子を駐車場に連れて行った」と供述。同時に「共犯者」の存在を主張したのだ。「助手席に同乗者の男がいて、後部座席で女の子を殴…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

大阪府高槻・柏原「中1少年少女殺人事件」容疑者の素顔「容疑者逮捕までの経緯」

不可解かつ猟奇的──。無数の刺し傷が残る体には粘着テープが巻かれ、無造作に放置。さまざまな疑問と憶測が飛び交った中学1年生殺害事件で逮捕されたのは「常習犯」だった。8月21日夜、大阪府柏原市の山林。行方不明だった寝屋川市の中学1年生・星野凌…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

東海林のり子“忘れられない猟奇事件”「容疑者にインタビューを試みると…」

パラコート入りジュース事件が連続した前年の84年(昭和59年)3月18日には、江崎グリコ社長を誘拐して身代金を要求した事件が発生した。午後9時頃、兵庫県西宮市の江崎グリコ社長・江崎勝久氏の実母宅に拳銃と空気銃を構えた2人の男が押し入り、母親…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

東海林のり子“忘れられない猟奇事件”「1977年の青酸コーラ事件の裏側」

昭和から平成にかけてワイドショーで活躍した女性レポーター・東海林のり子氏。彼女が現場を歩いた猟奇事件を記した66冊の取材ノートをひもといたアサヒ芸能6月4日号記事の反響は予想以上に大きかった。そこで今回は、さらに、紹介できなかった凄惨事件の…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

栃木殺人事件の被害者21歳美女が奪われた“命と夢のための資金”「凶行に及んだ2人の容疑者の素顔」

被害者、共犯者の2人の女性をおぞましい形で結び付けた石崎容疑者とはどんな男なのか。石崎容疑者が勤めていた会社の元同僚が言う。「酒もタバコもやらないんですが、女とパチンコにハマってましたね。仕事中も頻繁にメールをしていてあるサイトを使っていた…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

取材ノートから東海林のり子が振り返る「あの猟奇事件」

戦後のワイドショーを代表するレポーター・東海林のり子氏。フリーの芸能レポーターでありながら、数々の「猟奇事件」を現場でレポートしてきた手腕は高く評価されてきた。その取材ノートは実に66冊。秘蔵のノートをひもときながら、東海林氏に、あの猟奇事…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

栃木殺人事件の被害者21歳美女が奪われた“命と夢のための資金”「店でもサービス精神旺盛で人気だった」

4月上旬に失踪、5月22日に栃木県真岡市の民家の庭から遺体で発見された平沢愛実さん(21)=失踪時、宇都宮市=。彼女を殺害して遺体を埋めたと自供し、5月28日までに会社員・石崎康弘(42)=益子町=、無職・手面真弥(てづらまや)(25)=茨…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

北海道“高2少女”に「母と祖母を同時殺害」を決意させた理由(3)生徒会に打ち込んだのはなぜ?

「A子は教室ではほとんど無口だけど、特別いじめられているわけでもなかった。ソフトボール部で3年の時には身長160センチくらいで細身なんですけどパワーヒッター。4番を任され、道内の大会で活躍していました。だけど『門限が5時だから』と言って、ほ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

北海道“高2少女”に「母と祖母を同時殺害」を決意させた理由(2)厳しすぎる“しつけ”があった?

人口約8000人。最近は札幌のベッドタウン化も進んでいるこの南幌町で、一家が暮らし始めたのは、20年ほど前のことだった。「ご両親と長女と次女の4人家族で、3年後にA子ちゃんが生まれました。家族で一緒にスーパーに出かけたり、夜に子供を寝かした…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

北海道“高2少女”に「母と祖母を同時殺害」を決意させた理由(1)いまの状況から逃げ出したかった

北海道・札幌への通勤圏でもある風光明媚な町に住む17歳の女子高生が、深夜、自宅で母親と祖母の寝込みを襲い包丁で惨殺した事件。「今の状況から逃げたかった」と取調室で漏らした少女は、長年の“家庭内奴隷”の呪縛に苦悶していた。募る殺意を実行に移さ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
事件

「佐世保高1女子惨殺事件」実父も恐れた16歳女子高生の素顔とは?(3)同性愛的な部分もあった?

前妻の急逝から1年もたたないうちに再婚の理由がさまざまに取りざたされる中、7月31日に担当弁護士がAに面会。書面で〈父親の再婚には賛成だった〉〈母が亡くなって寂しく、新しい母親が来てうれしかった〉〈すぐに慣れ、仲良くしていた〉などと接見した…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |