殺人事件

事件

“川崎老人ホーム惨殺事件”介護士・今井隼人容疑者の素顔とは?(3)今井容疑者という人物

連続殺人鬼の仮面をかぶっていた今井容疑者は、地元では目立たない存在だったと、中学時代の同級生が証言する。「ほとんど友達がいなかった印象ですね。部活では吹奏楽部でトロンボーンを演奏していました。そんなにのめり込んでおらず、むしろ指揮者に興味が…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

“川崎老人ホーム惨殺事件”介護士・今井隼人容疑者の素顔とは?(2)疑いがかかったのは窃盗事件がきっかけ

事件が発覚しなかったことで殺人が癖になったのか、今井容疑者が2回目の凶行に及んだのはそのわずか約1カ月後だった。丑沢さんと同室に入った、86歳の女性がベランダから落下したのだ。続けて、同年12月31日には、96歳の女性が6階のベランダから転…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

“川崎老人ホーム惨殺事件”介護士・今井隼人容疑者の素顔とは?(1)事件の経緯

昨年9月、川崎市の老人ホームで相次いで入居者の転落死が表面化してから疑惑の目を向けられた男がついに逮捕された!冷血な仮面をかぶった殺人鬼は一貫して否認を続けていたが、ついに3件の殺しを全面自供。職場で「女」に見栄を張り、地元では「キレ」て店…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
社会

事件から15年“世田谷一家殺人犯“の正体と動機!「捜査で浮上した2人の容疑者」

00年代前半の「怪獣シャツ男」や、00年代中頃、押収した塗料片の先にいた人物──これまで捜査本部で浮上した人物はいた。しかし、いずれも物証などと合致せずに消えてしまったのがこれまでの経緯だ。一方、DNA鑑定では、しぼり込みが進んだ。「犯人は…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

事件から15年“世田谷一家殺人犯“の正体と動機!「あの凄惨な現場の今とは?」

いまだ解決の糸口が見えない世田谷一家殺人事件。しかし12月7日発売のノンフィクション本では、実行犯と指南役が明かされているという。著者に接触、事件の真相を聞いた!「事件から15年が過ぎようとする今、本書を著したのは、事件が風化することに耐え…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

寝屋川中1男女殺害犯・山田浩二被告が同人誌に投稿していた「不敵手記」とは?

今年8月に大阪の寝屋川市で中学1年生の男女の死体が発見された事件で、殺人等の罪に問われた山田浩二被告(45)。公判による真相解明が待たれる中、山田被告が投稿していた「不敵手記」を入手した。〈1日も早く運命の女性と出会い結ばれて、遠いどこかで…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

東京・中野“劇団美女殺人事件”警察が追う沖縄訛りの男「公園で口論していた男性の存在」

加賀谷さんの周辺には、さらに「謎の男」も登場する。マンション近くの工務店店員によれば、「事件があったあと、ウチに来た運送屋の方が『以前、(加賀谷さんの)部屋に刺青のある男が入っていくのを見た』と話していました」そしてもう1人。加賀谷さん宅に…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

東京・中野“劇団美女殺人事件”警察が追う沖縄訛りの男「男性トラブルの悩みがあった?」

加賀谷さんが劇団仲間と何度か訪れていた都内焼き肉店の店主も言う。「いつも7、8人で来ていました。先輩たちが演劇論を熱心に語るのを真剣に聞いている姿が印象に残っています。酒が入ってもおとなしく、先輩とも仲がよさそうでした」人間関係は良好かと思…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

東京・中野“劇団美女殺人事件”警察が追う沖縄訛りの男「現場の状況とは?」

将来ある劇団女優が自宅で襲われ、遺体で発見。不可解な点がいくつも残る密室殺人の捜査線上には、複数の男が浮上しては消えていった。そんな中、捜査員が注目する「謎の男」を巡って、にわかに新展開を迎えている──。「8月25日夜、ドタドタという音がし…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

大阪府高槻・柏原「中1少年少女殺人事件」容疑者の素顔「過去に犯した類似事件」

山田容疑者は取り調べに対し容疑を否認し、「女の子に声をかけ、車内に連れ込んだのは自分だ。初対面で名前も知らない。その女の子を駐車場に連れて行った」と供述。同時に「共犯者」の存在を主張したのだ。「助手席に同乗者の男がいて、後部座席で女の子を殴…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

大阪府高槻・柏原「中1少年少女殺人事件」容疑者の素顔「容疑者逮捕までの経緯」

不可解かつ猟奇的──。無数の刺し傷が残る体には粘着テープが巻かれ、無造作に放置。さまざまな疑問と憶測が飛び交った中学1年生殺害事件で逮捕されたのは「常習犯」だった。8月21日夜、大阪府柏原市の山林。行方不明だった寝屋川市の中学1年生・星野凌…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

東海林のり子“忘れられない猟奇事件”「容疑者にインタビューを試みると…」

パラコート入りジュース事件が連続した前年の84年(昭和59年)3月18日には、江崎グリコ社長を誘拐して身代金を要求した事件が発生した。午後9時頃、兵庫県西宮市の江崎グリコ社長・江崎勝久氏の実母宅に拳銃と空気銃を構えた2人の男が押し入り、母親…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

東海林のり子“忘れられない猟奇事件”「1977年の青酸コーラ事件の裏側」

昭和から平成にかけてワイドショーで活躍した女性レポーター・東海林のり子氏。彼女が現場を歩いた猟奇事件を記した66冊の取材ノートをひもといたアサヒ芸能6月4日号記事の反響は予想以上に大きかった。そこで今回は、さらに、紹介できなかった凄惨事件の…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

栃木殺人事件の被害者21歳美女が奪われた“命と夢のための資金”「凶行に及んだ2人の容疑者の素顔」

被害者、共犯者の2人の女性をおぞましい形で結び付けた石崎容疑者とはどんな男なのか。石崎容疑者が勤めていた会社の元同僚が言う。「酒もタバコもやらないんですが、女とパチンコにハマってましたね。仕事中も頻繁にメールをしていてあるサイトを使っていた…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |