殺人事件

事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.4(1)吉展ちゃん誘拐殺人犯の母、兄が独占告白!

吉展ちゃん誘拐、ライフル魔・金嬉老、コンクリート詰め殺人…警察の捜査をあざ笑うような、いままでの常識が通用しない、日本の事件史に残る凄惨な殺人事件が次々に起こった1960年代。これは行き過ぎた高度経済成長のゆがみから生じた亀裂を象徴していた…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , |
事件

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<13階段の犯罪者>

2016年10月7日、日本弁護士連合会(日弁連)が福井市で人権擁護大会を開き、「死刑制度の廃止を含む刑罰制度全体の改革を求める宣言」を賛成多数で可決した。週刊アサヒ芸能が報じた事件のいくつかでは、死刑判決が下されている。極刑は是か非か──。…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<名物デカ・平塚八兵衛の事件簿>

昭和を代表する名刑事・平塚八兵衛。数々の有名事件を担当し、殺人事件だけでも120件以上を手がけた。粘り強い捜査・取り調べを表し「落としの八兵衛」と称されたが、週刊アサヒ芸能が報じた事件でも活躍していた──。特に「平塚八兵衛」の名を高めたのは…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<女性を狙った卑劣な犯行>

60年にわたる事件取材において、女性を狙った「犯罪」は避けて通ることができなかった。過去に報道した中で殺人までに発展した性犯罪の数々とは──。「絵のモデルになってくれませんか?」赤いシャツにベレー帽、愛車のマツダファミリア・ロータリー・クー…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

横浜点滴殺人「内部犯行説」で浮上した「終末病棟」の闇現場

神奈川県横浜市の大口病院で起こった点滴殺人。現場付近の飲食店店主は、「マスコミのカメラが店の前まで占拠するもんだから、客足が遠のいていますよ」と音を上げているが、何せ人の出入りが少ない病院内での密室犯行。戦慄の犯人像はしぼられつつあるようだ…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(3)ドラッグを飲み込み豹変した

漫画には植松容疑者の刺殺事件を想起させるセリフもあった。〈単なる犯罪じゃない 崇高な目的が流血をあがなう〉〈資格を持つ者には手段として殺しも許される〉Aさんを脅す時にもこんな場面があったという。「グループの入会を断り続けていると、Xはバッグ…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(2)凶行直前に周囲を探した理由

Xと植松容疑者の関係も奇妙に見えたという。「植松の3歳下だと言っていましたが、すごく崇拝していて、植松は『Xさん』と呼び、Xは『植松』と呼び捨て。食事中にXの口元に食べかすが付いていたら、植松が拭いてあげるんです」XはAさんに福島県出身で中…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(1)「安楽死を変えるために革命」

相模原市の障害者福祉施設で起きた戦後最凶の刺殺事件。元職員の植松聖容疑者が逮捕されて幕引きと思われたが、驚愕の情報を入手! 植松容疑者は危険なグループに所属し、「黒幕」が神奈川県内で「第2の大量殺人」を計画しているというのだ。犯行を持ちかけ…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(3)「津久井やまゆり園」での勤務態度

勤務態度は不真面目だった。入居者の手に落書きをしたり、遅刻や早退もしばしば。昨年1月には入れ墨を入れていることが発覚。「業務中は利用者に見えないように」と厳重注意を受けても、短いシャツを着て威嚇するように施設を歩いていた。今年2月に入ると、…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(2)大学デビューで墨を入れる

植松容疑者の父は小学校教師、母はホラー漫画を描いていた漫画家だった。高校卒業後、父と同じ小学校教員を目指し、2008年に帝京大学初等教育学科に現役合格して入学。近所の住民にはうれしそうに、「子供が好きなので学校の先生になりたいんです!」と抱…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(1)10分で10名を刺殺した殺意

相模原市の障害者福祉施設で起きた戦後最悪の刺殺事件。深夜に突如、侵入した殺人鬼は、数十秒に1人のペースで無抵抗の入居者を刺した。血の海と化した現場から立ち去り、出頭したのは施設の元職員だった。もはや「許しがたい犯行」という形容さえむなしく響…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

相模原殺傷事件、逮捕された犯人が襲撃直前にツイートしていた「戦慄の内容」

7月26日に神奈川県・相模原市の障害者福祉施設で障害者らが刺され、19人が死亡し26人が負傷した事件の容疑者のものと思われるツイッターが発掘され、正気とは思えない内容に戦慄の声が上がっている。「容疑者がフェイスブックをやっていることは早くに…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
芸能

怖すぎる!深田恭子「ダメ恋」最終回があの殺人事件を彷彿とさせ視聴者が戦慄

3月15日に放送されたドラマ「ダメな私に恋してください」(TBS系)最終回の視聴率が10%だったことがわかった。同ドラマは出演者の熱演が好評を博していた。「『ダメ恋』は全話を通して高視聴率というわけではありませんでしたが、深田恭子の若々しい…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
事件

埼玉・小川町「認知症妻殺害事件」容疑者が「15日間食事拒否」で死亡にいたった謎

一昔前の事件報道では「××容疑者は出された食事を残さず食べている」といった記述がよく使われた。いかにも反省の色がない印象を与える表現だが、犯罪者であっても腹が減るのは当然で、責められるいわれはない。一方で、出された食事を拒否し続け、起訴され…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , , |