週刊アサヒ芸能 2018年 1/25号

スポーツ

天才テリー伊藤対談「丸山桂里奈」(1)なでしこの時代は年下にも使われて

●ゲスト:丸山桂里奈(まるやま・かりな) 1983年、東京都生まれ。小学生の時にサッカーを始め、中学生時代は「読売日本サッカークラブ女子メニーナ」(現在の日テレ・メニーナ)所属。日本体育大1年の時、日本代表初選出。2002年、釜山アジア大会…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
エンタメ

【一杯酒場】大阪・天満「天満酒蔵」

大瓶ビールも名物「きずし」もうまくて激安 午前11時からにぎわう商店街の王道店天神橋筋商店街の通称・天五エリアに位置する「天満酒蔵」は、まさに大衆酒場の王道をいく店だ。のれんをくぐると長いカウンター席が奥へと続き、午前11時から通な飲み客で…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(4)裁判をやらないほうが得!?

なぜ病院側の弁護士は裁判に誘導したがるのか。そこに医療裁判の難しさがあるという。「ご存じのように、裁判で白黒の判断を下すのは裁判官です。でも裁判官は真実や真相を解明する立場にはない。患者側が過失と因果関係を証明する責任を負い、証明できなけれ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
スポーツ

清宮幸太郎“新人合同自主トレ”「アホバカ狂騒曲」(3)熾烈なポジション争い勃発

自主トレ期間中の練習内容は、午前中にランニングメニューやキャッチボールなどチーム全体での練習。午後からはウエートトレーニングというものだが、清宮は居残りでロングティーというメニューにも励んでいる。斜め前方の至近距離から軽くトスしてもらった球…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(3)ケンカ腰にあおる病院弁護士

医療ミスを避けるためには、こういった医師のいない病院を選ぶしかないが、参考になるのが、病院や医師の治療実績。そして、病院の雰囲気や看護師の態度である。「施設が古くても患者に優しい雰囲気のいい病院がある一方、建物は立派だけど、患者を大切にして…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
スポーツ

清宮幸太郎“新人合同自主トレ”「アホバカ狂騒曲」(2)「取材されては困りますね」

数時間後、球団の広報関係者が近寄ってきて、「失礼ですが、どちらの記者ですか?」と、険しい表情で尋ねてきた。記者が名乗ると、「ちょっとこちらへ来てください」と、取材活動を遮られ、球場内の通路に連れていかれてしまった。「勝手に取材されては困りま…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(2)一度も患者と目を合わせない

「当然、患者さんの家族は『回復するんじゃないか』と誤解します。でも、医師の言った『大丈夫』の意味は、『とりあえず蘇生した』という意味。そのため患者さんが亡くなった時、家族は『医療事故だ』と認識してしまうんです」(石黒氏)こうした医師のコミュ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
スポーツ

清宮幸太郎“新人合同自主トレ”「アホバカ狂騒曲」(1)“神対応”で即席のサイン会

今シーズン最注目のスーパールーキーが、ついにプロとして始動した。日本ハムが「新人合同自主トレ」を行う千葉・鎌ケ谷は、例によって大騒ぎ。ファン、報道陣でゴッタ返す中、怪物に密着した。東京都心から北東に約25キロ。梨畑と住宅に囲まれた鎌ケ谷市の…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(1)医療事故は過去最多の件数に

大学病院をはじめとした医療機関による医療事故があとを絶たない。昨年9月には水戸市の水戸済生会総合病院で、拡張型心筋症の手術を受けた茨城県内の女性患者(69)が10倍の量の痛み止め薬を投与され、そのあとに死亡していたことが判明。病院は医療ミス…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
芸能

平成30年分!美女たちの「たわわなバスト」全史(5)<Iカップ対談>」柳瀬早紀&天木じゅん

そして平成30年の今、グラビア界を代表する両横綱が、100センチIカップの柳瀬早紀(29)と、95センチIカップの天木じゅん(22)だ。肉弾相打つトークバトルの行方や、いかに?──グラビアデビューしたのは?柳瀬14年の夏です。天木私もだいた…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

平成30年分!美女たちの「たわわなバスト」全史(4)<総リサーチ>消えたグラドルは今、こうしている!

最近こそグラドルの寿命が長くなったが、かつては〈一瞬の華〉で終わることが多かった。あのグラビアンたちは今、どこに?20世紀最大のグラドルとも称されたのが、青木裕子(40)だ。あどけない顔だちとIカップボディのギャップで、掲載した雑誌はたちま…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

平成30年分!美女たちの「たわわなバスト」全史(3)<直撃3>水樹たま

それまで“たわわなバスト”の最高峰とされていたFカップ。だが、月日の流れと比例するようにカップ数も上昇。00年代には、Gカップ以上が主流の時代が到来する。そして05年、驚異のJカップで、水樹たま(32)が鮮烈なデビューを果たした。「それまで…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

平成30年分!美女たちの「たわわなバスト」全史(2)<直撃2>“流行語大賞”西本はるか(パイレーツ)

90年代後半、男は笑いながら釘づけになり、女は誰もがマネをした。胸の谷間を寄せて「だっちゅ~の」と言うネタで一躍時の人となったパイレーツ。誕生秘話と意外な苦悩を、西本はるか(39)が語る。突然のことでした。97年4月、当時の事務所社長から、…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
スポーツ

玉木正之のスポーツ内憂内患「今も忘れない星野仙一さんが私に語った言葉」

2018年、日本のスポーツ界はショッキングな出来事で幕を開けた。星野仙一さんの膵臓癌による早すぎる逝去。享年70歳。現役投手時代は通算146勝という成績以上に、ドラフト指名を約束しながら裏切った巨人を相手にリベンジの大活躍。「燃える男」とし…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
123