社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(3)ケンカ腰にあおる病院弁護士

 医療ミスを避けるためには、こういった医師のいない病院を選ぶしかないが、参考になるのが、病院や医師の治療実績。そして、病院の雰囲気や看護師の態度である。

「施設が古くても患者に優しい雰囲気のいい病院がある一方、建物は立派だけど、患者を大切にしていない、と思いたくなる病院もあります。最先端の医療機器を備えている大病院だからいい、という考えは捨てるべきです」(石黒氏)

 大学病院では多くの研修医が学んでいるが、多忙を理由に、主治医が研修医に患者の治療を丸投げしているケースもある。

「研修医は医師免許取得後2年間、臨床研修プログラムに沿って各科をローテーションしますが、例えばお父さんが耳鼻咽喉科医で、将来はその跡を継ごうと思っているけれど、研修医だからとりあえず見ておこうか、なんていう場合は、明らかにモチベーションが低い。ところが、指導医の中には監督責任を果たさず、研修医に患者を丸投げするケースがある。そうなれば当然、トラブルが起こりやすい。こういった対応が患者や家族に不信感を与え、紛争につながるきっかけを作っていくんです」(石黒氏)

 では、不幸にも医療事故に巻き込まれてしまった場合にやるべきことは何か。

「患者さんや家族が病院に直接、カルテなどの自己開示請求をする場合がありますが、これはやめたほうがいい。カルテは唯一の証拠です。開示請求したばかりにカルテの改竄や隠匿をされることはよくある。各地に医療事故に詳しい弁護士がいるので、まずはそういった人に相談すべきです」(石黒氏)

 仮に患者や家族本人が開示請求し、病院側が資料を一部しか出してこなかったとしても、知識がない素人には、どの資料が足りないかはわからない。

「加えて、診療記録の中でこの事件には何が最も大事な情報なのか、その判断が重要となります。それができるのが、医療専門の弁護士です」(石黒氏)

 必要な書類がそろったら、過失があったかどうかを調べる過失調査が始まり、示談交渉へと進んでいくが、

「示談交渉に行くと開口一番、『やれるものならやってみろよ!』と、最初からあおってくる病院弁護士がいます。こういう弁護士は病院の利害よりも保険会社の利害を考えている場合が圧倒的。病院は患者とのトラブルを早期解決するために、毎月、高い保険料を支払っているわけです。病院の利益を考えれば早期解決すべきだし、病院のためになるということは、ひいては患者さんのためになるということ。どっちの代理人かわからないような弁護士が患者をあおり、病院を欺いて裁判を起こしている。この構造は誰も知らない事実なんです」(石黒氏)

 開いた口が塞がらない、医療の闇である。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった