社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(2)一度も患者と目を合わせない

「当然、患者さんの家族は『回復するんじゃないか』と誤解します。でも、医師の言った『大丈夫』の意味は、『とりあえず蘇生した』という意味。そのため患者さんが亡くなった時、家族は『医療事故だ』と認識してしまうんです」(石黒氏)

 こうした医師のコミュニケーション不足も「医療ミス」という言葉を一人歩きさせ、複雑化させる要因だという。

 一方で、明らかに過失が認められるケースもある。

「よくあるのが手術部位の取り違えです。以前、左右の腎臓を取り違えて摘出され、死亡した患者さんのご遺族から依頼を受けたことがあります。通常、手術前には部位にマジックで印をつけるのですが、それを忘れ、さらにCTのフィルムを裏表逆に貼ってしまったことで、逆の腎臓を摘出してしまった。これも手術室にいた誰もが気がつかなかった単純ミスです」(石黒氏)

 また、大きな外科手術ができない病院では手術を他の病院に依頼するケースがあるが、施設間のコミュニケーション不足から、医療ミスが起こることも多い。

「すでに病理検査も終わっていて『手術適用だと思いますので、よろしくお願いします』と記載されているので、診断もついているし、切っても大丈夫、と医師が思い込んでしまうケース。私が担当した事件でも、ガンを疑う所見がゼロだったにもかかわらず、直腸切断術をやってしまったという事故がありました」(石黒氏)

 他にも、大腸に入れるはずのバリウムを骨盤内に注入され、直腸切除と人工肛門造設手術を受けざるをえなくなった50代男性や、誤診から夜間救急受診の翌朝に急性心筋梗塞で死亡した50代男性の事件など、石黒氏は数多くの医療事件を担当。

「それら医療事故の多くが、思い込みや単純ミスによるものです。医師も人間である以上、ついうっかり、ということはあるかもしれない。ただ、医療関係者による単純ミスは即患者さんの命を危険にさらします。医療に携わる者はそのことを肝に銘じなくてはならないのです」(石黒氏)

 そこで、「危ない医師」を見分ける方法だが、

「診察中パソコンに向き合っていて一度も患者と目を合わせず、体にも触れない医師がいますが、こんな医師に患者さんの体の状態がわかるはずはありません。また、セカンドオピニオンを受けたいと紹介状を請求しても『結果は同じですよ!』などと言って受けさせない医師も要注意。逆に回復の見込みが乏しいのに『大丈夫ですよ』を連発する医師も、患者さんの容体が急変した際には、その言葉が患者さんの家族との間でトラブルの原因を作ってしまうため、危険です」(石黒氏)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
4
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
5
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!