スポーツ

松坂大輔、中日入団テスト合格で気になる「開幕戦先発デビュー」の可能性!

 1月23日、ナゴヤ球場で松坂大輔の入団テストが行われ、直後の会見で「合格」が、本人の口から発表された。テストは報道陣シャットアウトの中、中日・森繁和監督らの首脳陣、編成担当の前でブルペン投球を行った模様。森監督は2月1日から始まる1軍キャンプに参加させることを明言し、「変化球も何種類か投げてくれて、ハッキリ言ったらこのままずっと見たいという気持ちになった(中略)ウチのチームでどれだけ出し切ってくれるか、気持ちよく野球をさせてあげる環境にしてあげたい」と話した。

 昨季まで3年間在籍したソフトバンクでは、1軍登板がわずか1試合。しかも1イニングで降板しているが、森監督は以前、中日に在籍した“ある選手”の姿を思い浮かべているのかも知れない。スポーツ紙記者が話す。

「2000年オフにヤクルトから中日にFAで入団した川崎憲次郎です。かつては沢村賞も獲得したヤクルトのエースでしたが、肩を痛めていたせいで、中日入団後3年間、1度も1軍で登板しませんでした。しかし04年の開幕戦、このシーズンから監督に就任した落合博満の“オレ流奇策”で開幕投手に抜擢されました。その際に、投手コーチを務めていたのが、現中日監督の森です」

 件の開幕戦、川崎は2回に5失点し降板となったものの、打線が奮起してチームは逆転勝利を収めた。ちなみに、このシーズンに中日はリーグ優勝を果たしている。

「森監督には、この時の光景が頭をよぎっているかも知れない。松坂大輔が西武に入団した1999年、森監督は西武の2軍投手コーチだった縁もある。今回のテストも、事前に『顔を見れればいい』と“内定”を出していたことからも、松坂に対し、並々ならぬ思いがあったことが予想できます。キャンプやオープン戦の状況次第ではありますが、川崎のように、いきなり開幕戦でどこまでやれるかを試すという可能性も…」(前出・スポーツ紙記者)

 3月30日に開幕する今シーズン、開幕カードは中日×広島戦。奇遇にも、川崎が開幕投手を務めた試合と同一カード。果たして、全国の野球ファンを驚かせる“奇策”は飛び出すのだろうか?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
3
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃