社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(4)裁判をやらないほうが得!?

 なぜ病院側の弁護士は裁判に誘導したがるのか。そこに医療裁判の難しさがあるという。

「ご存じのように、裁判で白黒の判断を下すのは裁判官です。でも裁判官は真実や真相を解明する立場にはない。患者側が過失と因果関係を証明する責任を負い、証明できなければ負ける。それが裁判の仕組みです。裁判官は主張・立証を聞いて、証明できているか、反論ができているかどうかを判断し、勝敗を決めている。完璧に理解していないと、(患者を)勝たせるには至りません。だから専門的であれば専門的であるほど判決文を書きたくないため、和解を勧めるということになるんです」(石黒氏)

 病院側の弁護士はそういった仕組みを逆手に取って裁判に持ち込み、結果、医療裁判の大半が患者側の敗訴という形で幕を閉じることになるのだ。

 だからこそ、患者は弁護士選びにも細心の注意を払わなくてはいけない。石黒氏が伝授する「危ない弁護士」の特徴は次の4つ。

【1】自分(患者)より医学知識がない

【2】不必要な証拠保全をする

【3】協力医がいない

【4】いきなり提訴する

「本来、医療相談を受けても医療ミスがない場合、法的責任追及はできないとはっきり伝えるべきですが、弁護士の中には、実際には医療ミスがないのに受任して証拠保全や提訴をするケースが多く、それにより、患者さんや遺族は無用な紛争で時間とお金をムダにすることになります。医療ミスにあったあと、さらに弁護ミスにあうなんて、やりきれない話です」

 さらに、ドラマなどではよく「損害賠償1億円を請求してやる!」といったシーンが登場するが、実は損害賠償額には基準があるのだとか。

「交通事故では年齢や通院日数などで誰が計算しても大きく外れない金額があります。医療事故の場合も、過失も因果関係も争わない場合は保険会社と患者だけの関係になるため、示談で標準額が提示されているのに不服として裁判をやっても、支払われるのは同じ金額か、それ以下になります。ですから、過失も因果関係も争わずまとまるものは、裁判をやらないほうがむしろ患者さん側のメリットは大きいんです」

 そんな裏事情も知らず、弁護士に言われるがままに時間と金を遣い、振り回されたあげく、心身ともにクタクタになったのでは目も当てられない。

「確かに悪い医者、悪い看護師、悪い弁護士の見分け方は難しい。だからこそ、自分でできるだけ情報を入手し、積極的に当事者として関わっていくことで防ぐしかない。医者任せ、看護師任せ、弁護士任せにすれば、間違いなく不幸になります。まずは医者が偉いとか、弁護士が偉いとか、そういう感覚を捨てることから始めてください」

 自分の身は自分で守る。それが唯一の医療事故防止策なのかもしれない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】